アムウェイ体験談④ビジネスをしている人はどんな人?

ここでは筆者のアウェイ実体験談を書いています。 個人的な感想や、意見も交えています!

アムウェイをビジネスとしてやってる人達がどんな雰囲気で、自分が始めたらどうなるのかをまとめました。セミナーに出たり、毎月どのくらいの商品を使って、どんなことをしているのか。気になりますよね。


スポンサーリンク

アムウェイのセミナーやヘッケルのイベント

アムウェイをビジネスとしてやり始めると、「セミナー」と言うものが必ず付いてきます。これはいわゆる商品や、ビジネスプランの事を勉強する場のことで、渋谷の本社ビルではいつもこれがギューギューです。日中のセミナーは主婦が多く、夕方頃からのセミナーは20〜30代の男女が大変多いです。教室みたいにホワイトボードがあって、成功者が挨拶をしたりします。
セミナーは、会社主催のものもあれば、個人主催のものもあります。開催者によって内容は違うのですが、だいたいチケットは安くて500円とか、1000円とか。そしてアリーナや、食事付きの達成者のお祝いものになると、3万円ほどすることもあります。経験した一番高いものだとヘッケルという一成功者主催の会社「ヘッケル」が開催するイベントで、37,000円。ほかの一成功者の開催するイベントも37,000円。また、会社主催の海外で行われるものもまれにあります。マカオで開催された時は飛行機・宿泊費込みで30万くらいしたでしょうか。

週に何度もセミナーに出て、時には大阪や京都などへも行くことになります。
はっきり言ってなかなかの出費になります。

セミナーに出ることは義務ではありません。が、実際のところ「セミナーに出ないと成功できないし、成功したかったらセミナーに出なさい」という常識的空気があります。

金銭感覚がくるう

もし、あなたがこれからアムウェイを始めようと考えているのであれば、気をつけてほしいことがあります。こうした環境にいると、必ず金銭感覚がくるってきます。

例えば、一月の出費を冷静に見てみると、
最低限のサプリとプロテインで2万円、
ミーティングで5千円、
化粧品を揃える月は2〜3万円、
高いエナジードリンクで1箱7千円。
年に2回ある大きなイベントの月はさらに3.7万円。

平均的に合計月6万とか、7万円を費やすのです。一般サラリーマンの手取りの1/3です。しかも周りが皆そのような状況のため、それがまるで普通のように感じるし、商品のヘビーユーザーじゃないと成功できないという教えもありますので、皆このような大金を月々払っているのです。
アムウェイは毎年売り上げを伸ばしているようですが、前述の商品の値上げやこのような流れもあって、納得せざるを得ません。

スポンサーリンク

成功者はほんの一握り

アムウェイを始めると、本当に沢山の友達ができ、「一緒にタイトルをとって脱サラして旅行に行こう」と楽しい日々を過ごすことになると思います。
確かに、確実に、それを叶えた人々はいます。でもそれは、自分が激しく沢山の会員を作れた時だけ。私は3年ほど飛び込んで、2回小さなタイトルを取っただけでした。ずっと冷静に周りを見ていましたが、それでも私は良い方でした。一般的な会員は、ほぼ芽が出ません。向き不向きがあります。そして、向いている人は、1年間ほど経てば結果に頭角が出ているはずです。(まれに10年以上経って急に大成功する方もいますが。)

これが、現実です。

アムウェイ会員、その末路

そうした中で、根強く残るのは製品が好きで使っている消費者です。でも彼らは、たまに、ちょっといい醤油を買うだけ、とかサプリを買っているだけ、とか、ビジネスをして入る人たちよりはずっと消費量が少ないはずです。
そしてビジネスを意気込んで入る人たちで頭角を出した子達の何人もが精神的に疲れたり、地方に引っ越したりして消えて行きます。何年も数万円の買い物をしていて、ミーティングに出ていて、結果の出ない会員がどれだけ多いことか。

私も上のように消えた人間の一人ですが、金銭感覚も戻り、今はよっぽど健全です。元々、始める時は「3年やってみよう」という気持ちで本気でやっていました、3年が経ち内部が大分わかったころ、「これ以上やってもな」という結論に至りました。

さて、皆さんはどのような決断をされるでしょうか?
やらないもよし、
始めてみるもよし、
続けるもよし、
買い物するもよし、
辞めるもよし。
時間はあっという間に過ぎていきます。のめり込みすぎて周りが見えなくならないように、常に冷静に自分の状況を把握しておくことです。この体験談が皆さんの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。