節分は犬を飼っていても大豆まきする?豆を食べた時の対応と代用品!


ワンコのいるお宅も節分を楽しもう!
犬を飼っているご家族は、節分に豆まきをどうするか悩みますね。
食べちゃうからですね。
犬が大豆を食べるとあまり消化に良くないと言います。
日本のワンオーナー達はみんな豆まきをどうしているのでしょうか?
また、食べてしまった場合は、どうしたら良いか?
豆に代わるものがあるか?レポート!

  

節分は犬を飼っていても大豆まきをする?

あなたは節分の時、豆まきをしますか?
お子さんがいる場合は特に、日本文化の勉強、
一年の行事の一つとして楽しみでもあるので

お父さんに鬼になってもらって
豆まきしたいですね。
1年の幸せを願って。
そんな幸せ家庭には、犬がいるもの。(←?)

そして犬の得意技は、拾い食い。

しかし、大豆は犬の胃の消化にあまりよくはありません。
そんな中でも、みんなは意外と
豆まきをしているみたいですね。

犬のいるところで豆まきをする場合は、加熱処理をしてからにしましょう。

もともと、豆まきに使う豆は炒ったものです。
「魔目(マメ)」を「射る(炒る)」という由来があります。

それぞれのお宅で様々な工夫が見られました。
犬との楽しい豆まきには、いろんな方法があります。

1.部屋から犬を締め出す。

ちょっとかわいそうに聞こえますが(笑)、大丈夫。
豆まきのため、ほんの少しの時間です。
また、ゲージに入れておくのも手です。
小型犬なら飼い主さんが抱っこをして撒きましょう。
撒く豆は少量にしておいて、掃除が大変という方は
頭上にパラ〜っと巻き上げるだけにしておいたり、
豆粒を1〜2粒にしておくなどにしておきましょう。
そして犬を入れる前に片付けます。
これで鬼も退治、福はうち。犬も健康です。

2.部屋を限定して締め切る。

扉のある部屋を限定して豆まきをする人も多いです。
犬が入ってこないようにして撒き、
その部屋は、掃除するまで犬は進入禁止です。

3.犬より早く拾う

疲れます。犬も私も猛ダッシュです。

——————-
でも、犬より早く人間が拾えない場合は、
工夫した物を投げる場合もあります。
 ↓↓

4.袋入りの豆を投げる

5〜10粒ずつ小分けになっている袋入りの豆がありますね。
その豆を袋ごと投げつけます。
掃除や片付けも簡単。投げた豆は気兼ねなく食べることができます。
楽、早い、うまい!

5.殻付き落花生や豆ではない代用品を投げる

落花生なら食べないでしょ、と投げたら猛ダッシュでバリバリ食べられた、
という人もいたので、ここにあげるか否か迷ったのですが・・・
一度匂いを嗅がせて興味がなさそうだったら
投げるアイテムとしてはとても良いかも。
豆の代用品については、最後の章でもう少し詳し追ってみましょう。

もちろん、「犬が食べたら大変!投げません!」という方も。
餌、おやつ以外のものは一切与えないくらいの
飼育をしていらっしゃる方も多くいると思うので
その場合は、まぁ投げない方が、良いでしょうね。
うちはそんなに厳しくなく、ゆるゆるなので(雑種は丈夫ですから)
多少食べても「別に毒じゃないから〜」というぐらいです。

犬が豆まきの豆を食べたら

あらー!犬が豆を食べちゃった〜!
そんなこともありますね。
でも、まず落ち着きましょう。
丸大豆をもりもりお皿いっぱい食べてしまったなら別ですが
数粒転がっている豆を食べたくらいでは
消化によくないとはいえ、毒ではありません。

(前述のように加熱した大豆が望ましい)

※犬に掃除を兼ねて食べさせるのはよしましょう。
食べ過ぎはよくありません。

犬の胃は基本的に大豆、とうもろこし、米などの生の穀物の
消化に長けていないため、本来はあまり食べない方が良い、
とは言いますが、
健康な犬は多少食べても大丈夫。
とはいえ、特に貧血気味のワンコについては、大豆(に含まれるグリシニン)が鉄分の吸収を抑える働きがあるのでわざわざ食べさせない方が得策です。

わ〜食べちゃった!というときでも
無理に吐かせることもないし、
その後万一体調を崩すようだったら、獣医さんに診てもらう程度で大丈夫でしょう。

ただし、お腹を壊しやすい子はちょっと便秘気味になるかもしれないし、
軟便になる可能性もありますが、健康な犬ならその程度で収まります。

犬にも幸を!健康を!ということで、
ミキサーなどで砕く、またはパウダー状にして餌に混ぜる、という方法で
豆を愛犬に与えてる方もいます。
パウダーや砕いたものなら、多少は消化しやすいかもしれませんね。

大豆にアレルギーのあるワンコがいる場合は、
豆まきはやめましょう。
もし、大豆アレルギーの犬がなんらかの拍子に大豆を食べてしまったら、
すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。

ちなみに、リスやモルモット系などの
生の大豆を食べると毒になってしまう動物もいますので気をつけましょう。

節分の豆の代用になるもの

それでもやっぱり犬がいる環境で豆まきをするのはちょっと・・・という方へ。

節分に豆まきの代わりに何か代用品を撒いて楽しむ!
という方もいらっしゃいますよ。

そんな時は
● 殻入り落花生を撒く
これは先ほども書いたように、犬によっては殻ごと食べてしまう場合もあるので
投げる前に確かめてみましょう。(大抵の犬は食べないと思いますが・・・)

●ドッグフードを撒く
床にバラバラと撒く感じでしょうか。
私はソファや家具が(油分がついたりして)臭くなりそうなので
ちょっと抵抗がありますが。でも犬は喜ぶと思います。
食べてくれても安全でなんの問題もないでしょう。
ただ、鬼が逃げていくかどうかは・・・謎ですが・・・

● 犬用ボーロを撒く
これはドッグフードに対して比較的汚れにくく、犬が大喜びするであろう
イベントになると思います。
自分が投げたお菓子を犬が追いかける様子は
子供達にとっても楽しいと思います。
ただ、鬼が逃げていくかどうかは・・・やはりわかりませんが・・・

まあ、一瞬豆と間違えて逃げていくかも知れませんけど。

完全に犬用イベントになってしまいますが、
お好みです。

節分は犬を飼っていても豆まきする?まとめ

ということで、皆さんのアイディアをまとめました。
やはり、犬を締め出すか(笑)、袋分けされたものを撒くのが、私は一番良いかなと思いますが、いかがでしょうか。
完全に食べないように豆まきをして「完璧!」としていても、
翌朝散歩の道中でよその家が撒いた豆を拾い食いするかも知れませんのでお気をつけて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。