ホワイトデーのお返し相場はいくら会社事情。上司編、部下編。

会社で女性社員さんからもらった、バレンタインのお気遣い。
義理チョコとはいえ、ホワイトデーには何かお返しをしたいですね。
そんな時の相場がいくらに設定するのが良いか、レポート。
上司の女性の場合、部下の女性の場合、
それぞれ皆さんはどうしているのでしょうか?

  

ホワイトデーのお返し相場はいくら?会社

会社では、男性社員にバレンタインチョコレートを用意することがあります。
もちろん、それは義理ではありますが、
日頃お世話になっているお礼が含まれています。
もちろん、感謝の気持ちであってお礼を期待して渡しているわけではありません。
でも、残念ながら中にはお返しを見て、不満を持つ人もいるようです。
困ったものですね。^^;
でも、かといって、あなたが高い管理職でない限りは
あまり高級なものを送っても
気を遣わせるので、塩梅が難しいものです。

そこで、あまりあれこれ考えて気疲れしてしまっては
送った側の気持ちも元も子もないので、
高すぎず、安すぎもしない
相場相応のものを贈りましょう。

そのうえで、いただいた義理チョコが
高級か、チロルチョコかといった、どのくらいのものかを含め、
考慮しましょう。

ホワイトデーの相場いくら?上司編

いただいた相手が、上司だったり、役職に就いている方である場合は、
年収だったり、ご家庭なんかを考えて
より気を遣ってしまうかもしれませんが、

ずばり、1,000〜2,000円程度でOKです。

でも、コツがあります。
この価格でおさめる場合は、ブランドもののチョコレート(お菓子)がおすすめです。
きちんとしたブランドでは、チョコレートを
1粒〜4粒、6粒入りなどの小さな単位で販売しています。
価格は1,000円前後、またはそれ以内で購入することもできます。

オレンジピール(オレンジの皮にチョコをコーティングしたもの)や、
ブランデーなどのアルコールの入ったものといった
人気でおしゃれなものを、少量で包まれたものが沢山販売されています。

上司のことを軽視していない意志の表現として、
ブランドの名前を借りてしまいましょう。

沢山入った高級ボックスでなくてもかまいません。
小さくて1〜3粒入りの小ぶりなものほど、可愛らしく、
規模としても相手に気を遣わせない、ちょうど良いギフトになるでしょう。

また、ブランドチョコレートの良いところは、
小さくてもきちんと
ラッピングをしてくれるところ
です。
何か味気ない包みになりそうだったら、
「ちょっとしたバレンタインのお返しにしたいので、
簡単なラッピングをお願いできますか」とお願いしてみましょう。

小さな包みにリボンがされた様子は、とても可愛いですよ。

近くにお店がない場合は、例えば定番のゴディバでも、
オンラインショップを展開しているように、通販の力を借りましょう。

チョコ4粒入りで1,000円あたりで販売されています。
クッキーなら仕事中のおやつに十分な量が入って500円代です。

また、40代などのちょっと大人の女性だったら、
栗を一粒丸っと砂糖漬けしたマロングラッセもオススメです。
いろんなホテルのレストランや百貨店で一粒単位で販売されていて、
おしゃれ感満載です。一粒つかったちょっとしたご褒美感もあります。

相手は上司なのですから、高い必要はありません。
「質のいいものを、少し。」の方向で探してみましょう。

ホワイトデーの相場はいくら?部下編

部下へのお返しです。
この場合でも、1,000円程度で大丈夫です。

部下へは、みんなの前でその人にだけに渡すと
ちょっとした誤解を招くのも面倒なので、
「こないだはありがとうね!」と、できればどこかでさりげなく渡しましょう。
カルディや成城石井など輸入食品が売られているお店の、
パッケージのかわいいお菓子などいかがでしょうか?
マカロンが3つ入った箱や、マシュマロ、キャンディなど。
または、同価格程度のハンドクリームなんかも良いと思います。

何人もの方からいただいた場合は、一人一つ渡すでも良いですが、
箱詰めのお菓子を「バレンタインのお礼だから、みんなで食べてね」とリーダー的な方に渡して配ってもらいましょう。
人数(入り数)によるので、価格を提示するのは難しいですが、
ラスクやクッキーなど、喜ばれると思います。
もう少しだけ奮発する余裕があったら、
フルーツ入りのゼリーなんかは、苦手な人も少なく、スプーンを使うので
女性社員達の忙しい時間に、ちょっとしたブレイクをあげることができます。

会社でのホワイトデーお返し相場、まとめ

いかがでしたでしょうか。上司と部下、以外にもどちらも同じ1,000円で提示しましたが、質やお店を変えることで、相手への表現を変えることができます。敬意や感謝の表現。重すぎず、軽すぎない表現。
この「義理」がやり取りされる年1度のイベントで、もしかしたら中には煩わしく思う方もいるかもしれませんが、普段の労いや感謝をやり取りする良いコミニュケーションのチャンスと思って、スマートにこなしていただければと思います。(愛妻へのお返しもお忘れなく!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。