花粉症にヨーグルトが効く根拠。選び方と効果のある食べ方、タイミング

ヨーグルトが花粉症や鼻炎の症状に効くという事は、随分認識されてきました。
しかし実際に食べて効果があると感じた人と、効果がないと感じた人の違いは
何なのでしょうか。
巷で聞くヨーグルトの効果の根拠とは何なのか?
どれを選び、どのような食べ方をどのタイミングで取り入れたら効果があるのか、
まとめました。

  

花粉症にヨーグルトが効く根拠

私たちはまず、なぜヨーグルトが花粉症の症状を和らげるのか、その根拠を知る必要があります。「ただヨーグルトを食べれば良い」という認識で市販のものを食べていては、せっかくの効果も得られないかもしれません。

花粉症については、様々な民間療法が
インターネットやテレビを介して出回っていて、
その「民間医療」とは、いわゆる「科学的な効果が実証されていないもの」となります。
そのラインアップには甜茶やシソ、スギ花粉飴、マッサージなどなどあらゆるものがあり
ヨーグルトも、その中の一つです。

ヨーグルトの花粉症における期待とは、
ヨーグルト自体の花粉症を治す効果ではなく、
ヨーグルトによって腸内細菌(善玉菌)を活発にさせ腸内環境を整えることが、アレルギー症状を緩和させるというものです。花粉症の症状を引き起こすIgE抗体は、ヨーグルトを摂取すると数値が下がると研究結果が出ているメーカーもあります。
つまり、ヨーグルトが直接アレルギー症状の緩和、花粉症症状へ直接緩和を促すといった裏付けや科学的資料は特にありませんが、体の免疫機能を司る腸内環境を整えて強化していくということが、根拠の一つとなりえる、ということです。

薬事法の影響で、全てのヨーグルトやサプリにおいて、「○○が治る」などといった表記はできなくなっています。

花粉症に効くヨーグルトの選び方

デザートヨーグルトは避ける

「腸内環境を整える」「免疫力を強める」が目的であることから、長期間ある程度の量を摂取する必要があるとわかりますね。
そのため、砂糖やフルーツ、ジャムなどがたくさん入ったデザートヨーグルトはあまりお勧めできません。また、高価なヨーグルトも経済的に毎日続けるには非現実的です。

乳酸菌を多く含むものを選ぶ

多くのヨーグルトには、何やら英数字が書いてあるものが多いですね。
これらは、それぞれ乳酸菌の名前です。一般的な乳酸菌もあれば、メーカー独自開発(名前をつけた)乳酸菌だったりします。

例えば

雪印メグミルク・・・ガゼリ菌SP株
meiji・・・・・・・R1、LG21
タカナシ・・・LGG
OHAYO・・・ロイテリ菌
グリコ・・・BifiX
ヤクルト・・・シロタ株、ビフィズス菌BY株
森永乳業・・・ビフィズス菌BB536、シールド乳酸菌

などなど、本当に種類が多いのが特徴です。
「メーカー名 ヨーグルト」で検索をすると、それぞれの乳酸菌の働きが詳しく書いてあります。これらの特徴から自分の体に合うものを見つけると良いでしょう。
よりご自分の体に合ったヨーグルトがあるはずです。
(乳製品アレルギーの方は、米や酒麹から作った乳酸菌の摂取ができるサプリがあります。)

我が家は粉末状のカスピ海ヨーグルトを使っていて、
牛乳さえあれば半永久的に大量に増やし続けることができるので、
日課にするにはとても良いです。
ちなみにカスピ海ヨーグルトはクレモリス菌FC株という乳酸菌を持っています。

花粉症に効くヨーグルトの食べ方とタイミング

1日に摂取するヨーグルトの理想量は、200gです。
一般的な食べきりカップサイズのヨーグルトは80〜120gですので、
だいたい朝晩、1日2つ摂取するのが目安です。

タイミングとしては、春の花粉症に向けて食べるにしても、
通常は体質改善されるのに3ヶ月かかるとされていますので、最低でも花粉の季節から3ヶ月前から摂取するのが良いでしょう。しかし現代は花粉症は1年中あります。まだ発症していないだけであなたも予備軍かもしれません。
しっかり腸内環境を常に万全にしておくためにも、本来は普段から1年中食べるのがおすすめです。少量でも、継続して摂取し続けることが大切です。
花粉症が発症する頃に食べ始めても、遅すぎたり、
腸内環境が整う頃に花粉シーズンが終わってしまった、、なんてことになっていませんか?

また、先ほども書きましたが、砂糖の過剰摂取に気をつけましょう。また、甘いのにカロリーが低いものは人工甘味料を使用している場合があります。
人工甘味料や化学調味料は、アレルギー発症にも関係しています。
ヨーグルトはもちろん、日頃の食事でもレトルト食品やインスタント食品、ジュースなどをできるだけ摂取しないように
心がけましょう。

花粉症対策のヨーグルトまとめ


ヨーグルトで摂取するのも良いですが、最近は特にアレルギー対策に良いとされる種類の乳酸菌をサプリにしたものがあります。日清食品の「アレルライトハイパー」、菊正宗の「米のしずく」、カルピスの「アレルケア」はL92が配合されています。朝ごはんは時間がないし、夕ご飯は食事をしっかり食べ、さらにヨーグルトを食べるのがつらい、という方にもお勧めです。

このほか、花粉症は様々な要因が重なって発症しています。
参照記事「花粉症の予防法。花粉症にならないために原因と免疫を知り、早期療法を」
ヨーグルトで腸内環境の向上はもちろんですが、それだけでは花粉症は良くなりません。睡眠不足やストレス、食生活などあらゆる他の原因についても一つずつ改善していくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。