花粉の乾燥による目の周りの痒み。かぶれや痛みの症状が出たら

花粉で乾燥が進行すると、目の周囲までもがカサカサして皮膚が荒れ、
かぶれ、かゆい、痛い、などの症状を引き起こします。
目の周りは皮膚が薄いため乾燥に弱く敏感に反応します。
どのように対処したら良いのか?先ずは自宅でできる方法をレポート。

  

花粉の乾燥による目の周りの痒み

ただでさえ空気が乾燥する季節。
こんな時期に花粉が飛散してアレルギー反応を起こすと、
お肌が敏感になり肌荒れが顕著に現れてしまい、時に痛みを伴います。
これは普段働いている肌を守る機能が低下し、刺激に敏感に反応しているからです。

目の周りは0.6ミリと体の中で最も皮膚が薄く、
弱い部分です。

かゆくて手でこする摩擦や傷で悪化する人、
化粧品が合わずに悪化する人、

様々な方がいます。

そんな場合に効く口コミ保湿&ケアの仕方です。

まず、顔を洗いましょう。

単純明快、顔に付着した花粉を落とします。
男性はこまめに顔を洗い、
女性の場合は、ファンデーションを極力顔全体的に塗り、花粉が直接肌に付着しないように気をつけます。

もし既にファンデーションが塗れないほど肌がひどく荒れている場合は、
1. 花粉に触れない
  (外出を控える、マスクをする、空気清浄機の効いた部屋で過ごす)
2. 肌荒れが引いたらファンデーションを塗る

・・・の順に、先ずは炎症を治すことに集中しましょう。

以上の基本的な対処を行なった上で、
乾燥が止まらない、かゆみがおさまらない場合に
効果があると人気なのは、「白色ワセリン」です。
皮膚の保護効果があり、目の周りだけでなく顔、体、鼻の粘膜にも使えます。
綿棒でぐるりとたっぷり鼻の中に塗りつけると、花粉が粘膜に付着するのを防ぐこともできます。
かなりべっとりしているので、夜風呂上がりや寝る前に
低刺激の化粧水等で保湿してから塗ると良いでしょう。

低刺激の保湿化粧水としてオススメはセラミド原液です。
皮膚と同じ成分で、肌に優しく、やや高価ですが市販されています。
皮膚科で処方してもらえるかもしれませんので、一度医師に相談してみましょう。

肌を刺激しない

もちろんのことですが、エステのピーリングや、肌に負担をかけたり刺激する必要以上の化粧品の塗布は、避けましょう。
これまで使っていた化粧品も、アレルギーによる過敏反応で急に合わなくなることがよくあります。そういった場合は、化粧品の使用を一旦中止するか、花粉シーズン中だけでも、敏感肌体質向けの刺激の少ない化粧品を使うのも良いかもしれません。
現在はPM2.5をはじめとするアレルゲンを防止してくれる美容液が資生堂さんの「dプログラムシリーズ」で出ています。また、花粉をブロックしてくれる液体を顔に吹きかけるスプレータイプのプロダクトも一考です。

体の中からもケアを

花粉症による症状は全て、体の抗体が無害な花粉を毒だと勘違いして過敏に反応しているからです。その抗体を正常に働かせるためには、やはり腸内環境を主とした体質改善が不可欠です。花粉シーズンの半年くらい前から、ソフトドリンク、甘いもの、小麦系、果物系の食物を摂るのを避けるだけで、随分症状が緩和される方もいます。

合わせて読みたい
「花粉の乾燥で肌荒れが治らない!顔、鼻、粘膜、唇まわりの乾燥対策」
「花粉症の予防法。花粉症にならないために原因と免疫を知り、早期療法を」

花粉で目の周りがかぶれたら

目の周りがかぶれたようになるのは、さらに次の段階です。
応急対処としては患部を冷やすことで炎症を抑えかゆみが多少収まります

しかし、この段階になったら、皮膚科へ行きましょう。
皮膚が剥がれたり、かさぶたのようになったりと、
かぶれの症状に合わせた軟膏、および薬を処方してくれます。

もしこの時化粧品や保湿アイテムを使ってヒリヒリするような状態なら、そのアイテムを
また
眼科で出される薬と、皮膚科で出る薬は異なりますので
既にどちらかの薬を持っているなら、それらの薬を、
一緒に持って診察に行きましょう。かぶれの原因の一つになっているかもしれません。

皮膚はかぶれたりただれると再生するまでにある程度の時間を要するので、
早めに皮膚科へ行くことをお勧めします。

花粉が原因?目の周りに痛みが出たら

上記のように肌荒れがひどく、皮膚がかぶれたりヒリヒリする痛みとは別に、
眼球の奥や骨、目と鼻の間、
こめかみや頬骨あたりが痛い場合、
それは花粉症による炎症だけではない可能性
があります。

例えば
眼圧が高いのかも?
眼圧が高い時は、頭痛や目のかすみを引き起こす場合もあります。
放置しておくと視神経に影響を与える場合があります。

副鼻腔炎(ちくのう症)になっているかも?
顔の骨の中の空洞である副鼻腔の中で炎症が起きています。
匂いを感じなかったり顔面になんだか違和感や、痛みを感じる、という場合は
疑ってみましょう。鼻水の色が濃い黄緑色になります。

否定型顔面痛かも?
長い歯の痛みに悩まされます。病院へ行っても原因がわからず、歯の神経を抜いても痛みが続くこともあります。慢性ストレスを抱えている人が、ささいな歯の治療などをきっかけに慢性的な痛みを感じるようになる病気です。
これは歯が痛いのではなく、痛みを感じる脳の一部が、ストレスによって暴走していることによります。抗うつ剤などで対処します。痛みのことを考えないようにするのも効果あり。

このように皮膚だけでなく
目の周りの内部が痛い場合は、花粉症の他にも何か条件が重なったことで
他の病気を併発している可能性
があります。
放って置かずすぐに耳鼻科へ行き診てもらいましょう。

花粉による目の周りの痒み、痛みまとめ

花粉症の症状の出かたは、
目の炎症がひどい人、鼻炎がひどい人、肌荒れを起こす人など様々です。
過剰反応や症状の悪化によって他の病気を併発しては大変ですので、目の周りの肌荒れも、身近な保湿剤で保湿してみて効果がなければ、悪化する前にきちんと薬を処方してもらうことが一番です。お大事になさってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。