初節句のお礼にお手紙を。両親や親戚へ書き方と例文メッセージカードの選び

ご両親(義両親)、またはご親戚から桃の初節句の雛人形や、
端午の節句の五月人形、お祝い金を贈られ、
感謝のお手紙を添えてお礼をしたいと思っている方へ。
そんなお手紙にはどんな書き方でメッセージをしたためると良いでしょうか。
例文やアイディアを添えてまとめました!

  

初節句のお礼に手紙を書こう

お祝いの雛人形、端午の節句の五月人形、お祝い金と、
頂戴するものはどれも大きな金額です。
先方の贈ってくれたその愛情や好意、お祝いの気持ち、経済的に負担してくださった事に対して、なんとかお礼を伝えたいものですね。

しかし、お礼に高価な形でお返しするのは、ご存知の通りあまりよくありませんので、
きっとお礼を兼ねたお食事会を企画された方もあるでしょうし、お菓子、お米券、お酒券などを送ろうとされる方もいるでしょう。

そこに、喜ばれるぜひ送りたいものが、お手紙ですね。

アナログな形ですが、一番気持ちが届けられる大切なアイテムです。こうした親戚の付き合い、親子の贈り物の類は、地域のいろいろな風習があったとしても、お手紙は全国で共通の大切なコミニュケーションです。
ぜひ、お手紙は手書きで書きましょう。
そしてもし可能なら
初節句の飾りと子供を一緒に映した写真や、
自分の両親(義両親)なら食事をした時の写真なども一緒に添えて贈ってあげましょう。

写真立てに入れてそのまますぐ置ける状態にしておくのも喜ばれるかもしれません。

両親や親戚へ初節句のお礼の書き方と文例

では、早速その文面ですが、
基本的には

1. 挨拶(季語)
2. 相手を気遣う言葉
3. 本題のお礼
4. 締め

というのが手紙の流れです。

節句の飾りを贈ってくれた義両親への手紙例文

たとえば義両親宛だったら、

拝啓
初夏の風が心地よい季節になりました。
その後お変わりありませんでしょうか。5月のお祝いのお食事会に来ていただいた時は、お義母さんが喉を痛められていたようですが、よくなったでしょうか。
この度は○○のために素晴らしい兜を贈っていただき、本当にありがとうございました。毎年飾って、大切にいたします。
おかげさまで初節句を終え、○○は近頃「あー」とか「うー」とか、
何かを伝えようと声を出して意思表示するようになってきました。
夏の横浜帰省でお邪魔させていただくと思いますので、
その時はまたたくさん遊んでやっていただけたら嬉しいです。
またご連絡いたします。どうかお体に気をつけて
敬具

このぐらいの距離感でしょうか。
しかし、もちろんこれは
あなたとお相手の間柄にもよります。

実の両親や、仲の良い叔父・叔母などであれば、これに限ったことではありません。
形式張った挨拶などを入れるよりも、自分らしいいつもの言葉で書いた方が
気持ちが伝わることでしょう。

節句の飾りを贈ってくれた両親への手紙例文

両親宛であれば

ついに桜が葉っぱに変わり始めました!お父さん、お母さん、
この間は立派な雛人形とお祝いを、本当にありがとう。
ピンク色でパッと部屋が華やいで、女の子を授かったんだなぁと実感しました。
毎年飾って、大切にします。管理が大変らしいので、頑張ります(笑)
家は少し遠いけど、思い立った時にでも時折遊びに来てくれると嬉しいです。
初孫の成長も見て欲しいし、私も家にこもり気味なので、
来てくれるだけですごく気分転換になります。
また連絡します。実家はまだ寒いかな?体に気をつけて、○○の嫁に行く日を楽しみに、長生きしてください!

といった感じでしょうか。
これは私が両親に書くつもりでアレンジしていますので、あなたにはあなたと親御さんとの間柄に見合った、いつものあなたらしい様子でお礼の言葉にしましょう。

お祝い金を贈ってくれた親族へのお礼の手紙例文

ご親戚宛ての場合は、お祝い金へのお礼だと思うのですが、

拝啓
やっと春らしくなってきました。
△△叔父さん、□□叔母さん、お変わりありませんか?
先日は、〇〇の初節句のお祝いや心づかいの品々をいただき、
本当にありがとうございました。
これから彼女の成長に伴って、何かと物要りになりますので、
本や洋服など、ありがたく、大切に使わせていただきます。
おかげさまで○○は、先日やっと寝返りを打ちました。日々皆んなに愛想を振りまいているけど、誰が誰だか分かっているのかな?という感じです。
夏に実家に帰省しますので、その時にぜひ遊びに寄らせていただいて、
抱っこをしていただけたらとても嬉しいです。楽しみにしています。
まだ時折寒い日がありますので、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。
かしこ

・・・というように、いずれも、身内なのであまり
仕事で使うような文面もいかがなものかなと思います。
「拝啓 薫風の候、皆様には・・・」というお手紙をもらったら距離感がありすぎて、
逆にあえて遠ざけられてるのかな?と他人行儀に感じてしまうと私は思います。

最後の名前は、子供の両親(自分たち)の名前の連名で大丈夫です。

初節句のお礼用メッセージカードの選び

初節句へのお礼のメッセージを送るには、
通常のお手紙と同様、便箋と封筒で送れば全く問題ありません。

、、、なのですが、

近頃はあまり手紙をしたためる機会が減ってきました。
便箋は季節の絵柄がついたものが多く、
桜がついたもの、初夏らしい爽やかなものなど、お礼状にはぴったりである一方、
その一回で使ったきり、「使う機会がない、、、」
もしくは、「買うのに躊躇してしまう」こともあります。

そんな時は、季節を思わせるちょっとしたポストカードに
直筆でメッセージをしたためて、
写真と一緒に封筒へ入れて送るのもアリだと思います。

封筒は、無地のものでも大丈夫です。

最近は年賀状印刷なんかも承っているような手紙印刷サービスが、たくさんあり、
あらゆるシーンに合わせた商品を販売しています。
この初節句のお返しに関しても、それ専用の商品があります。
子供の写真をレイアウトした、ちょっとおしゃれな仕上がりになるでしょう。

しかし、私は今回は年賀状のようにたくさんの人数に送るわけでもないし、
きちんとした自分の子供に対して頂戴したお祝いに対するお礼となるので、
あまりメッセージを大衆向けに印字したハガキに頼り切るのは、お勧めしません。
写真は印刷したとしても、メッセージはぜひ手書きで。

初節句のお礼に手紙を書こう。まとめ

いかがでしょうか?あなたの言葉で書くお手紙なら、あまり考え込むほど難しいものではありません。心を込めて書けば、それで良いのです。
メールやSNSの普及でつい感覚が鈍ってしまいがちな現代ですが、日本人らしい違いを思いやる文化は大切にしたいものです。あなたの感謝の気持ちが先方に伝わるとよいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。