ユニクロのエアリズムに毛玉が!化繊の毛玉取り方とポリエステル毛玉予防

ユニクロ・エアリズムのキャミソールにまさかの大量毛玉が発生!
ヒートテックはできたことがなかったのに、何故だろう
この毛玉だらけの化学繊維製キャミソールを救出すべく、使ってみて一番よかった道具とは。さらに洗濯の仕方を見直し!毛玉予防の洗濯方法はやっぱりこれだ!

  

ユニクロのエアリズムの毛玉がすごい!

ある日、洗濯機の中から出てきたユニクロ「エアリズム」をみて
驚愕しました。
け、毛玉だらけ・・・!!

冬は「ヒートテック」を着ない日はないし、
夏は寒いオフィスで働く日とそうでない日で「ヒートテック」と「エアリズム」のキャミソールを使い分けるなど、
かなりユニクロのインナーヘビーユーザーの私です。

これまで、「ヒートテック」の長袖もキャミソールも、
ばんばん洗濯機に突っ込んで洗っていましたが、
毛玉に悩んだことはありませんでした。
タフで洗っても翌日には必ず乾く優秀さに拍手!という日々。

なので「エアリズム」も例外なく、ネットにも入れずにそのまま
他の洗濯物と一緒に洗い、ハンガーで干して乾かしており
なんの問題もないと思っていたのですが、、、

なんだこの毛玉は!

ということで、調べてみました。

そもそも「エアリズム」や「ヒートテック」は、化繊でできています。
ポリエステルです。
よく使われる繊維ですが、その繊維の構造を東レさんと独自開発することで
暖かさや涼しさを実現しているというわけ。

ウールやコットンなどの天然繊維は
繊維自体が強くなく切れやすいため
洗濯時や着用時の磨耗によって繊維が伸びてしまっても
勝手にちぎれ落ちていってくれます。

そのためこういった素材に
毛玉ができてしまった時は、専用の衣類用ブラシでブラッシングをしてあげれば、
繊維の流れが整い毛玉も綺麗に取り除くことができます。

ところがこの化学繊維であるポリエステルは繊維が強い!
これは一見、良いことのように見えますが、
洗濯時や着用時に負担がかかって繊維が伸びてしまっても
なかなかちぎれない!
そのビヨーンとなったところに、他の衣服の埃や糸くずが絡まって
でっかい丈夫な毛玉になってしまうというわけなんですね。

いつまでたっても毛玉はそこにあるし、
頑固極まりなく、居座り続けるのです。

私も知らず知らずに洗濯を重ねるうちに、こんな大変なことになってしまったのです。

化学繊維の毛玉の取り方

では、この毛玉をどうやってとるか、ということなんですが。
ネット上にある情報だと、どれだけ調べても結局のところ
「ハサミで切っていくしかない」という結果に。

いやいや、この量の毛玉を一個一個ハサミで切っていたら
日が暮れる!(し、めっちゃやりたくない!)
ということで。

色々やってみたわけです。

まずは毛玉つながりということで、上記のような
衣服用ブラシと、毛玉取りブラシ!
しかし、いくらブラッシングしても変化なし。
この毛玉、ほんまに頑固。びくともしません。

次に眉毛用ハサミを使って
一粒一粒引っ張ってチョキンチョキンと・・・
3粒切ったところで、嫌になりました。

最後の手段はこれ!
カミソリ!
これが一番よかった!

いつかセーターの毛玉もT字カミソリで取れますと書いてあったのを
どこかでみたのを思い出し、手元にあった貝印のI字?のカミソリを使いました。
もちろん心配なのは服自体を痛めてしまうこと。
正常な繊維まで切ってしまってはショックです。

しかし、意外とI字のカミソリを並行に寝かせ
ちょっと浮かすようにして、生地に刃が当たるか当たらないかぐらいのあたりを
すーっと滑らせるようにすると、毛玉だけが簡単に
へげげげげげげげげと取れていくではありませんか。

結構早く刃を動かしても大丈夫。
シャッ、シャッ、シャッという感じです。なので、早い。

慣れてくると、少し刃を引くようにして滑らせると
さらに毛玉を切り落としやすくなります。

以前、衣服用ブラシを購入する前に、セーターの毛玉をT字で削ぎ取ってみたことがありますが、
なんとも切れ味が悪く、
繊維を擦っている感じがして諦めた記憶がありましたが
I字の方が好感触。綺麗に削ぎ落とすことができます。

このキャミソール一枚で出歩く訳ではないのですが、
やっぱり女性としてインナーの見た目だって綺麗にしておきたいもの。
これで気持ちよくまた着ることができますね!

【カミソリ使用後】

(まぁまだ小さな毛玉は残っていますが、私も初めてだったので
あまりやると生地が傷むかなと思って様子見でここで止めました。)

随分綺麗になりました!

当たり前ですが
あまり勢い良くカミソリでザクっといくと穴が開きますので
くれぐれも丁寧にやってください。

ポリエステルの毛玉の予防

せっかく綺麗になったインナーを
またこれまでのように洗濯機に突っ込んで洗っては、
引っ張り出した時に毛玉だらけになることは間違いありません。

いや、そもそも化学繊維の衣服は毛玉ができやすいらしい。
(毛足の長い衣服だけだと思っていました。。。)

そこで、
インナーとはいえきちんと洗濯ネットに入れるのが最も簡単で得策。
基本的な事のように聞こえるかもしれませんが、
インナーだからいいや、と思ってそのまま洗っている人は多いはず。

洗濯ネットは100円均一のもので十分。
私は3年くらい使っていますが全然悪くなりません。
女性はただでさえいろんな下着をそれぞれのネットに入れて洗わなくてはいけないのに、
さらに一つ、洗濯ネットを買わなくてはいけませんがな。

また、柔軟剤に一度つけると毛玉ができにくくなります
リンス効果で繊維と繊維がなめらかになるので、摩擦が減り絡まりづらいためと、
静電気を防いでくれるためです。

しかしきちんと丁寧に扱ってあげることで、
長持ちし、結果的にはコスト削減になるんですから、
ぜひ100円均一で洗濯ネットくらい一つ買って
節約しようじゃありませんか。

エアリズムの毛玉についてまとめ

あまりに簡単な「ヒートテック」の取り扱いで信頼仕切っていたので、
びっくりした「エアリズム」ですが
やはり化学繊維である以上は洗濯ネットに入れて大切に洗うべきですね。
普段あまりネットを使わない方には面倒に思うかもしれませんが、
使ってみれば驚くほど簡単です。チャックを閉めて洗濯機に入れるだけですから。
ぜひやってみましょう。
長持ちさせてやるぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。