オイルヒーター電気代は1ヶ月いくら?つけっぱなしが節約は勘違い?

「オイルヒーターはおしゃれ」?そんな安易な考え方だけで購入すると、後悔するかもしれませんよ。
オイルヒーターを既に購入した先輩たちの声を元に、その事実と実用的な活用法を見直しましょう!
まずのっけから1つお伝えしたいのは、断熱性の低い家屋には効率が悪く不向きですので、昔ながらの長屋や特に断熱性を重視しなかった木造住宅にお住まいの方は、別の暖房器具を考えましょう。開口部や床、壁など断熱性のある住宅での使用をお勧めします。

スポンサーリンク

オイルヒーターを買うと電気代は1ヶ月いくら?

高い高いって言うけど、ずばり、電気代はだいたいいくらかかるの?
お答えしましょう。頑張って節約して使っても、月1万円…以上!いきます。月2万円という家庭もあります。
もちろん、お家の条件や、使い方にもよりますが、赤ちゃんの誕生と共に購入したものの電気代に目が飛び出て、翌年からお蔵入り、、という後悔の声が後を絶たないのです。それは、実際の実用性をきちんと理解せずに買ってしまったから。

有名D社がオフィシャルで提示する参考電気代は、以下のとおり。
・子供部屋8畳(19度設定)で平均約8.3円/時間
・寝室6畳(15度設定)で平均約6円/時間
・リビング10畳(19度設定)で平均約12.6円/時間

一般的な100V用のオイルヒーターでは、1500Wがマックス運転。1500Wの消費電力で、3~4畳半を温めるのが目安です。
電気代は500w11円/時間、600w13円/時間、700w16円/時間、1200w27円/時間。
最低温度で設定して約10円/時間と考えると、つけっぱなしの場合240円/日×30日で7,200円となります。
設定気温は壁、床、天井など部屋全体を温めるためエアコンよりも低くても快適と言うことですが、実際の使用感を聞いても、リビングは19度〜20度に設定したいですね。すると上記の計算以上になることは予想されます。

オイルヒーターの電気代を考えると、つけっぱなしorこまめに消す?

「オイルヒーターはつけっぱなしがよい」と思っている人が多数ですが、本当にそうでしょうか?
オイルヒーターは安全性が高いので、24時間付けっ放しにしても大丈夫。しかし、消費電力が高いため、ペットがいて留守中もある程度暖かくしてあげたい、などの場合以外は、部屋を使わない時はこまめに消して節約するのが正解。メーカーも推奨しています。

スポンサーリンク

暖かくなるのに30分程度かかりますが、1時間に4〜5度上がり、一度温まると簡単に下がりません。そのためこまめに消しても大丈夫。
また、無理なくゆっくり上昇する気温は、体への負担が少なく、急な気温変化で体調を崩しやすいアレルギーを持つ子どもにも優しいのです。

空気を温めるエアコンと違って部屋全体を温めるオイルヒーターは、”春の陽気を再現する”に近いといえます。少し寒ければブランケットなどで暖を取りましょう。

ちなみに24時間つけっぱなしの海外のセントラルヒーターは、お湯を使って建物全体に張り巡らせているため、オイルヒーターとはシステムが違います。

オイルヒーターの電気代を節約する賢い使い方!

オイルヒーターのメリット・デメリットをしっかり把握したうえで、正しい使い方を学びましょう。
1. 冷気をさえぎる場所に置く
窓際や外に面した壁側からは冷気が入ります。
冷気からさえぎるようにして置くことで、室内の気温がより均一になります。

2. 時間を決めて、タイマーを活用する
朝は起きる1時間前から電源オン、出かける1時間前に電源オフ。夜は帰宅の1時間前に電源オン、就寝から1・2時間程度温度を低めで運転したあと、電源オフ。というようにタイマーをフル活用しましょう。起きたときや帰ってきたとき、快適な気温で迎えてくれます。

3. エコ運転を活用する
機種によっては設定温度に合わせて、同じ体感温度をキープしながら強度を調整してくれるエコな機能があります。これによって、約1/5の電力を節約してくれます。

4. 断熱をしっかり
厚手のカーテンを閉める、2層構造の窓に取り替えるなど、断熱を計ることがまず第一。どんな暖房機器を使っても熱が逃げてしまっては意味がありません。最大限に発揮させましょう。

まとめ

このように温風を使わないため誇りを舞い上げず、乾燥しないなど、輻射熱を使ったとても利点の多いオイルヒーターです。アレルギーを持つお子様やペットにはとても優しいといえますが、使い方にもコツがあり、光熱費はガスヒーターや灯油ストーブに比べると高くなります。

もし電気代が気になるなら、同じ輻射熱を使った他の暖房機器にも目を向けてみると良いでしょう。床暖房や夜間電力を使った蓄熱暖房器もとても快適です。部分的に温めたいなら電気カーペットやパネルヒーターを活用するなどの方法も。
早い時期からじっくりサーチしてご自身の最適な暖房機器を選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。