湯たんぽの低温やけどへの対処法!原因と防止策

湯たんぽは光熱費もかからず、優しい温もりで人気ですが、うっかり低温火傷をしてしまうことも多いアイテムです。可愛い見た目ですが、正しい使い方を守らないと一生の傷を作る可能性も引き起こします。
朝起きたら皮膚が赤く腫れていたり、ヒリヒリしたら、低温やけどのサインかもしれません。
低温やけどは、見た目よりも重症である可能性の高い火傷です。医師に処置をしてもらうのが一番ですが、すぐには病院へ行けない!というときの応急処置の方法を紹介します。

スポンサーリンク
  

湯たんぽで低温やけどをしたときの処置方法!

まず幹部を充分に冷やします。これにより、被害が広がるのを防ぎます。
水や保冷剤を使って冷やしますが、保冷剤などは直接幹部に触れないようにしてください。
水ぶくれはつぶれてしまうと簡単に細菌が入り感染症になります。万一破れてしまった場合は、軟膏などは塗らずに皮を丁寧に取り除き、市販の湿潤療法用の被覆材で覆ってください。(絶対に自分で潰さない)感染症にかかるとリンパや他の部位が痛くなったり発熱することもあります。一刻も早く病院へ行き抗生物質を処方してもらう必要があります。

Ⅰ度の火傷は、ヒリヒリする程度。水、または保冷剤なら直接肌に当たらないようにして15分程度冷やします。痛みが取れてきたら、軟膏を塗ります。(ステロイドの入っていないものにしましょう)
水ぶくれができていたら、Ⅱ度の火傷といえます。この時体から出る液で常に湿った状態にすることで、跡が残りにくくなります。上記の湿潤療法の被覆材を指示の使い方に沿って治すのも手です。
ここまでは、病院へは行かず自然治癒に任せる方も多いです。
(甘く見ずに、医師に診てもらうことをお勧めします。)

スポンサーリンク

大理石のようなマダラ模様になったら、これは既にⅢ度といえます。皮膚の深いところまで火傷が進行しており、白っぽかったり、黒や黄色に変色したところは細胞が壊死していますので、手術で取り除かなくてはなりません。ケロイド状の跡が残ってしまう可能性も高いです。すぐに病院に行く事が必須とお考えください。

湯たんぽで低温やけどする原因は何?

そもそも低温火傷とは、熱源に極端に長い時間接触していることで起こる火傷です。心地よく感じる温度であっても、長時間接触していると細胞が死んでしまいます。寝ている間は多少熱かったり痛かったりしても気づかないこともあるため、火傷は皮膚の深層まで広がります。

低温やけどになる温度と時間の目安
44度・・・3〜4時間
46度・・・30分〜1時間
50度・・・2〜3分

湯たんぽの低温やけど防止の方法

湯たんぽはあくまで寝具をあたためるものとし、寝ている間に体と接触させてはいけません。一番良いのは、就寝前まで温めておいて、布団に入る時には湯たんぽを取り出してしまう方法です。常に寝ていないといけない方は、一定の時間で湯たんぽの位置を変えましょう。

カバーは厚手のものを必ず着けてください。着けていても寝ている間にカバーが外れてしまうと、湯が漏れたり高熱の表面が肌に当たってより火傷を負う可能性が高くなりますので、しっかりと口は縛っておくこと。子供の場合は足の届かないところへ置きましょう。

まとめ

金曜日に迷って通院せず土日に発熱し、病院が休みで行けない、なんてことになるまえに、低温やけどへの意識をしっかりと持って医師の診断を受けてください。正しい使い方で快適な冬を越しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。