コードシェアとはどんな仕組み?アライアンスとの違いやメリット

コードシェア便とは

旅行サイトなどで、飛行機チケットを検索していると、
皆さんもおそらく価格の安いものからチェックしていくと思います。すると大抵出てくる、「コードシェア」という言葉。「安ければなんでもいいや」と思いがちですが、知らないと意外な落とし穴もありますので、ぜひ注意していただきたい、ということで
以下まとめました!

「スポンサーリンク」
  

コードシェアとはどんな仕組み?

コードシェア便とは、航空会社が自分で持っていない他社のルート路線や定期便に、自分の会社のお客さんを乗せてもらうことです。需要の大きい旅行先Aへお客さんを届けたいが、途中の経由先B地点までしか自社では運行していない。そこで、BからAまでは、ア社が運行しているので、ア社の便に乗せてもらおう。と始まったものです。
そのため、B→Aの区間は、チケットの名前は購入した航空会社のものであっても、乗る飛行機も搭乗員もサービスもア社のもの、ということになります。

「共同運行」の一種であり私たち利用客としては、ちょっと混乱しがちです。
このコードシェアは、国内でも国外でも、国を跨いだ航空会社同士でも行われています。

航空会社が新しい路線の便を作るには、莫大な費用と時間、厳しい制約が関わることもあり、他社同士で協力して効率良く便を運行しているというわけです。これによって行ける範囲が広がり、便数なども増え価格が抑えられることが多いのです。

以外と歴史の長いこのコードシェア便。

旅行会社のウェブサイトでは、このように記載されています。

↓ ↓ ↓
【例:スカイチケットさん】
スカイチケット

「全日空 – 運行会社:ユナイテッド航空(○○△△便←全日空の便名)」
これはANAからANAの便名のエアチケットを買うけど、実際に乗るのはユナイテッド航空の飛行機

→この場合は搭乗員もユナイテッド航空社員で機内サービスも全て同社に準ずる。チケットの価格は販売したANAが設定した価格になります。チェックインはユナイテッド航空のカウンターから

↓ ↓ ↓
【例:エクスペディアさん】

エクスペディア2
「カタール航空●●◇◇便 (運行会社:日本航空)」 
これはカタール航空からカタール航空の便名のエアチケットを買うけど、実際に乗るのはJALの飛行機

「スポンサーリンク」

→この場合は搭乗員も日本航空社員で機内サービスも全て同社に準ずる。チケットの価格は販売したカタール航空が設定した価格になります。チェックインはJALのカウンターから

コードシェアとアライアンスの違いは何か?

では、こうして航空会社同士が提携するという意味では
アライアンスと何が違うのか、というお話ですが。

アライアンスは
「スターアライアンス」、「ワンワールド」、「スカイチーム」などいくつかのアライアンスがあります。これはいわゆる提携会社、協力同盟会社であり、ある意味では派閥?という意味でも考えられます。多くはアライアンス内の航空会社間であれば、マイルをまたいで使える、貯められることで知られています。そして、確かにその同盟内で、多くのコードシェア便が運行されています。

が、アライアンスができる前から
既にコードシェア(共同運行)は始まっていたため、当時の同盟に加盟していない航空会社とのコードシェア便が今もいくらか残っています。

よってコードシェアがされているからといって、マイルが使える、貯められる、とも限りません。マイルは基本的に航空券発券会社の規定に準じるので、自分が入っているアライアンスと同じかどうか、確認しましょう。

コードシェアのメリットとデメリットとは?

では実際にコードシェアを使ってみて、
私たち利用者にとってのそのメリットとデメリットがあるのか、ということなのですが。

コードシェアを使うメリット
●一つの航空会社からより多くの目的地までのチケットが安く簡単に買えるのが利点。経由地から目的地まで別の便を自分で探し購入するのはかなり面倒で大変。

コードシェアを使うデメリット
●乗り継ぎの際の荷物はそのまま積み替えてくれるのか、一旦チェックアウトが必要かを確認する必要がある。(便によっては、航空会社が替わるので積み替えをしてくれず、一旦コンベアで自分の預け荷物を受け取り、再度登場する航空機の航空会社のチェックインカウンターに行かなくてはならない場合があります。)

くらいでしょうか。

しかし、上記のメリットはかなり大きく、私たち利用者にとってはかなり便利。
世界中に簡単にアクセスすることができるのです。
ここで、
デメリットというほどではありませんが、何点か知っておいた方が良い情報があります。

↓ ↓ ↓

コードシェア便のマイレージはチケット発行会社からのみ

コードシェアを利用した際にもらえるマイレージは、チケットを購入した航空会社から発行されます。よって、その会社が提携するアライアンス以外のマイルは貯められないし、使えません。先ほどアライアンスでも説明しましたが、同アライアンス内でのコードシェア便の場合はマイルが加算してもらえますが、定型外の航空会社とのコードシェア便では、マイルが発行してもらえません。チケット購入時に確認しておくと安心です。

コードシェア便の乗り換え時は注意が必要

デメリットで書いたように、荷物を自動で積み替えてくれず、こちらで再度ピックアップ&チェックインをする必要がある場合もあります。このピックアップやチェックインカウンターの行列に思いの外時間がかかり、乗り継ぎに遅れることも。(筆者は遅れ、保証してもらえなかった苦い記憶があります)
特に中国での乗り換えや他国でも大きな空港での乗り換えは、相当な時間がかかる場合があります。是非、お気をつけください!

コードシェア便とは?まとめ

コードシェア便とは、数社が共同で運行している便になりますが、それによってわかりにくいことが多いのも難点。大きな荷物を持っての広い空港では、一つの間違いも飛行機を逃してしまうリスクも起こり得ますので、

1. チェックインカウンターを間違えないように。
2. 乗り継ぎの場合は荷物がスルーしてもらえるか、経由地でピックアップが必要かをチェックイン時に確認する。経由地でピックアップする場合は、行動の時間配分に気をつける

以上を確認し、利用しましょう!

関連記事
「コードシェアのチェックインはどこ?荷物は乗り継ぎ時と無料許容量に注意」
「コードシェアの荷物の重量制限。乗り継ぎ時の注意と受取りについて」

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。