クリスマス30代男性へ時計の選び方とポイント、予算3万円でおすすめ

30代男性に、時計をプレゼントしたいけれど、人に時計なんて買ったことないし、、、
いったいどうやって選べばいいの?
男性へのプレゼントで時計を選ぶ場合、種類がありすぎて選び方がわからない!という方へ。
今回ここでは予を3万円前後と設定し、どんな時計が選択できるか見ていきます。機能や、デザイン、
購入する際に重視したい選ぶポイントをまとめました。
記事の最後には実際のおすすめブランドとその特徴も紹介しています。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼント、30代の男性へ選ぶ時計

30代と中堅にさしかかり、会社で一番働き盛りとして活躍する頃。時計は毎日目のつく場所に身につける重要なアイテムです。身につけているもので勝負がつく!という営業マンも中にはいますが、そうでなければ、数十万の時計が必要なわけではありません。話のネタにするにしてもお互いが本当に好きでないと話ははずみません。
「それに時計なんてパッと見てどういったのが良い時計かなんて普通の人は分かりませんよ。」という声が実際のところです。営業でも服装や装飾品の質や価格で評価されるわけではありません(靴が磨いてなくてボロボロとかなら別ですが)
かといって、若すぎたデザインも嫌だし、おじさんくさいのも嫌。程よい年齢感でセンス良い時計を選びたいですよね。

時計の男性向け選び方

ファッションブランドが出すファッション時計は手頃な価格が多いですが、ほとんどが中国製です。時計としてのタフさには欠けるため、せっかくプレゼントをしても長持ちしません。そのためよほどブランド好きの彼氏/ご主人でなければ、しっかりとした時計メーカーの腕時計を買うことがまず第一。
とはいえ、見た目も重要です。30代の男性陣のなかでは国産の“落ち着いた長く使えるデザイン“が定番ですが、北欧ブランドの時計は値段も手ごろで機能やデザインも良いのでお勧め。1~2万円の時計なら、すこしデザインで遊んでいる位の方が30代の人が付けやすいかもしれません。

海外にお住まいの方の場合は、電池交換がしなくても良いソーラーやゼンマイ式などにすると、手入れをしていれば半永久的に使えます。定期的にお店に持っていかなくても良いのはとても楽です。ちなみに、携帯電話と連動できるスマートウォッチは、おおよそ半年に1回の電池交換が必要になります。
時計ショップへ行くと、気圧も説明してくれます。5気圧以上のものを選び日常でうっかり水に浸かってしまった場合でもへこたれない時計を選びましょう。10気圧ならシャワーを浴びたり、海に入ってしまっても大丈夫です。(革ベルトなどは水に弱いので気をつけましょう)

スポンサーリンク
※「3気圧」=ゆーっくり静か〜に水深30mまで潜らせても大丈夫。水に叩きつけたり振ったらアウト、と思いましょう。

タフさで言うと、スイスミリタリーのクロノグラフは地場が強い所に行っても、少し時刻や秒針がくるっても壊れなかった、なんて声もあります

時計の予算3万円前後でおすすめ

以上の知識と予算をふまえて、さあいざ探すぞ!となった時のおすすめブランドを少し挙げておきます。

◆手堅く、人気なのが
SEIKO
CITIZEN
やっぱりメンテナンスを考えて日本製、正統派のかっこよさ!
男性陣の先輩が「若い方から見ると少しじじ臭いイメージがあるかもしれませんが(笑)、、」とおすすめしています。

◆デザインもみんなと被りたくない、こだわりたい!場合は、
ヤコブ・イェンセン、スカーゲン、ヌーン、先ほどのスイスのクロノグラフなどもタフです。
「デパートでどこでも買えるブランドはかぶりやすい」

時計は常に肌に密着し過酷な状況に耐える必要があるので、メッキの強さなどからしても、実用的な30代へは少なくとも2万円以上が目安です。1万円代だと新品は高級品と遜色なく見えても、1年も経つと価格の差が明確に出てきます。

私の経験

ちなみに筆者は、アメリカ人の彼へのプレゼントに一度ファッション時計をネットで買ったのですが、届いてみると思っていた質感が全然違い、重すぎてこれはプレゼントできない・・・とショック!
この失敗をしてから、時計のセレクトショップへ行って、3万円代のベルギーのコモノというブランドにしました。機能はシンプルで、傷にも強靭で水圧もしっかり、そしてでもデザインもこなれていてセンスいい感じ!という時計です。私の彼は大雑把で物の扱いに神経を注げない人なので(笑)、ぴったりだと思いました。レザーベルトの取り替えがとても簡単なので、普段仕様の明るいブラウンと仕事仕様の黒と2種を用意し気軽に切り替えられるようにしました。
やっぱり出来ることなら実物を手にとって選ぶのが一番です(経験談)。迷ってめちゃめちゃ時間かかりますけどね!
本人も喜んで毎日着けてくれていて、後日1週間に2、3回は人に褒められるよ!と言っていました。

余談ですが、プレゼントなら梱包の箱やリボンも、お店で直接見られます。ネットだと、届いて見たら梱包にがっくり!という事もありました。

どうしても1万円代しか・・・!という方は、ファッションものにするか、あるいは思考を変えて
予算内の最高級のYシャツや下着を買うのも手。自分ではなかなか買う勇気がないし、使ってみたら必ずその良さを実感するでしょう。「良い物」を知ることは、今後の人生の糧になります。

究極な話、大好きな彼女に買ってもらっただけで何でも嬉しいもの。喜んでくれると良いですね!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。