父の日に義父へ贈るプレゼント。迷ったら?私がたどり着いたギフト

父の日義父へプレゼント新婚さんやまだ結婚して数年の夫婦にとって父の日、母の日に贈るプレゼントはかなり気を遣うもの。好みもよくわからないし、去年も喜んでくれたかわからないし、一体どうすれば!?とお悩みの方は多いはず。そんな時にパッと「これなら間違いありませんよ〜」というアイディア集があれば便利だなと思い、まとめてみました!

「スポンサーリンク」

父の日に義父へ贈るプレゼント

父の日に贈るプレゼントって、実の親でも何が良いか悩むのに、
主人のお義父さんとなると・・・と頭を抱えているのは私だけではないはず。

毎年贈ることを考えると、あまり飛び抜けたプレゼントをあげてしまうと
来年から困るし
かといって
ああ、服は好みがあるし、
ああ、お酒は酒屋にいけば好きなお酒が売っているし
ああ、タバコは体に悪いし、
男性に花か・・・喜ぶのか?
だいたい誰もがもらって嬉しい当たり障りのない何か・・・

これ送っておけば間違いないよ!っていうのはないの!?

そう
あります。ありました。
これなら来年からもずっと迷わなくて済むし
いざという時に使える。

ただし!その前に

事前のリサーチは無いに越したことはありません。
まず、そもそもこれまで夫や兄弟達がどうしてきたのか?は最低限聞かなくてはいけませんね。全く父の日を祝ってこなかった家庭もあるだろうし、それにはある程度の理由や歴史もあるかもしれないし、プレゼントの用意は兄弟(もしくは兄弟夫婦)との間で決めているルールなどがあるかもしれません。
もちろんご主人との間でそういった会話があると思いますが、そういったルールや、これまでの習慣はあまり壊したり崩さない方が得策(無難)です。
(今まであげてこなかったけど、結婚を機に今年からちょっとしたものを贈ろう、というのはよさそうですが)
あまり飛び抜けたものを贈ってもお義母さん、他兄弟へ迷惑やトラブルの元になりかねないからです。

このほか、
もしお義父さんにこれといった好きなものや、リクエストがあるなら、これほど助かる事はありません。ご主人やお義母さんにヒアリングをして探ってみましょう。

今回は、「特にこれといった欲しいものもないよ」というお義父さん向けの
アイディアとして参考にしてもらえたらと思います。

父の日これなら外すことが少ないプレゼント

一番、うん、これだな
と思ったのは
ご当地のおいしいグルメお取り寄せ、です。

「あ〜、うん」て思った方も多いと思いますが
衣服ほど選ぶのが難しくなく、センスとかも関係ない。
ありきたりのようで、当たり障りなくお義父さん(とお義母さん)を喜ばせる完璧な贈り物、だと私は思ってます。
このご当地グルメは、普段あまり手に入らないという所もミソです。
まずスーパーでは手に入らないし、自分用にご当地グルメをあれこれ探して買う方もそんなに多くはないはず。

「スポンサーリンク」

だいたい、肉か、魚か、ご飯のお供的なものが多く、
だいたい、みんなが”食べれる”〜”好き”という範囲のものがずらりとラインアップされています。
そしてご当地のグルメはごまんとありますから、
もちろん食べたことのないもの、知らないものも多いでしょうし
お義父さんの反応がよかった「コレ」が見つかるまでひたすら
毎年ネタに困らずあれこれと贈ることができます。便利な時代ですね。

【★ポイント】

選ぶ時の注意点といえば、
例えばすき焼き用の高級肉を始めとする「極上の肉」的なものは、ものっすっごい脂が多いですね。30代である私ですら個人的に一人前も食べられません。赤身系がオススメです。スモークとかね。ハムとか。

【★ポイント2】

また、例えば私の父は血圧が高く、常用している薬がありますが、薬の効果を弱めてしまうために魚の卵系、カニ、エビ類が食べられなかったりします。つまりドクターストップがかかっている食べ物があるわけです。すると北海道の海鮮を!と思うとズワイがにもタラバがにもダメ、いくらもダメ、数の子もダメ、贈れるのは、何?松前漬けとか!?となるわけです。
・・・というようにつまるところ、健康上食べられないものもありますよということです。
義実家ご家族のアレルギー事情も事前にご主人に聞いてリサーチしておきましょう。

父の日にお酒好きのお義父さんへ

お酒もご当地グルメになぞって迷う必要のない、
地酒攻撃
どこそこの地酒。種類も豊富。今年はどこ、来年はここ、なんて巡ってみれば、毎年異なる種類のプレゼントを探すのに気力と労力を費やさなくても済みます。
ご主人が飲めるなら、その場で一緒に飲むのもいいし、いろいろ話のネタにもなります。

【★ポイント】

選ぶヒントとしては、
飲み比べセットなんかもありますが、吟醸か大吟醸か、にごりかといった種類のほか、
熱燗か冷で飲むのかといったお義父さんの好きな飲み方があればそれにあったものを選ぶと良いでしょう。
(季節的にはこれから暖かくなるシーズンなので、熱燗は少ないかな?)

【★ポイント2】

お酒よりもビール好きというお義父さんにも、
いつも飲んでいる銘柄1ケース贈るもいいけど、クラフトビール(地ビール)なんかもあります。ワインのようにブリューイー(ビール製造元)ごとにオリジナルのビールを作っているので、世界中に飲みきれないほどの種類がありますよ。
海外のビールを取り扱っているお店なんかで選んでみるのも楽しいかもしれません。

まとめ

なんでもそうですが、「毎年贈ってくれるアレ」っていうものが決まってくると、お父さん方は結構嬉しいみたいです。
毎年決まって下着、とか。「下着買わなくて済んで助かる〜」なんて声も。ご当地ものも、もしお気に入りが見つかっていい反応が返ってきたら、お決まりの「アレ」が見つかるかもしれません。ぜひ探すことも、楽しんで!

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。