紫外線吸収剤とは?成分メカニズムと影響。紫外線吸収剤不使用との違い

紫外線吸収剤の仕組みと成分

紫外線を防ぐための日焼け止めクリームには、紫外線吸収剤が含まれているものと、紫外線吸収剤不使用の2タイプがあります。紫外線吸収剤は体に悪いと聞きますが、どんな成分があって、どのように悪くて、影響があるのか、素人なりにまとめました。また、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めと比べどう違うのか。結局お肌にいいのは何なのよ?気になります〜( ・∇・)

「スポンサーリンク」

紫外線吸収剤とは?成分とメカニズム

そもそも紫外線吸収剤とは!
受け取った紫外線を熱エネルギーに変換して外に放出してくれるもの
です。

つまり、日焼け止めを通して全く別のものに変える(化学反応させる)ことで、

紫外線が肌に入るのを防ぐということです。

厚生省発行の文面で紫外線吸収剤とは、「紫外線を特異的に吸収する物であって、紫外線による有害な影響から皮膚又は毛髪を保護することを目的として化粧品に配合されるものをいう」とされています!

この紫外線吸収剤を使うメリットは、

無色透明なので白浮きしない。塗りやすい。といった特徴があり、

昔は白くてもったりとした日焼け止めしかなかったのに、

最近はジェルタイプや、塗ると無色透明になる嬉しいアイテムが増えました。

(高校の頃まではあのベトベトした日焼け止めが嫌いだったな〜)

この紫外線吸収剤、つまり

紫外線を別の熱エネルギーに変換する役割をする成分というのが

少々話題になっていて、

有機物であり、発ガン性があるとか、肌への負担が大きい、と言われています。

お肌の弱い人には、赤みが出たり、乾燥したりという現象があるかもしれません。

ただし、この紫外線吸収剤にもいくつか種類があり、

「発ガン性」と聞くとちょっと怖い気もしてしまいますが

国によって配合量が制限されているようなものから、

安全性の高いものまでいろいろあるようですよ。

さらに、

危険性の高い紫外線吸収剤は無害なカプセルでコーティングされるなど

肌へ直接触れないように工夫もされており、安心して使えるものもあります。

日本で使われる紫外線吸収剤の成分

日本で化粧品等に使用されている紫外線吸収剤の7割以上は以下の3種類です。

  • T-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

∑(゚Д゚)ハァハァ  なまえが長い。

まだまだあるよ。一応書いておきますけど、もういらんわっていう方は飛ばしてください。

↓↓

  • サリチル酸ホモメンチル
  • オクトクレリン
  • ジパラメトキシ桂皮酸エチルヘキサン酸グリセリル
  • パラアミノ安息香酸及びそのエステル
  • トリスビフェニルトリアジン
  • 4-(2-β-グルコピラノシロキシ)プロポキシ-2-ヒドロキシベンゾフェノン
  • サリチル酸オクチル
  • 2,5-ジイソプロピルケイ皮酸メチル
  • 2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル
  • シノキサート
  • ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン
  • ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム
  • ジヒドロキシベンゾフェノン
  • ジメチコジエチルベンザルマロネート
  • 1-(3,4-ジメトキシフェニル)-4,4- ジメチル-1,3-ペンタンジオン
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸2-エチルヘキシル
  • テトラヒドロキシベンゾフェノン
  • テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
  • 2,4,6-トリス[4-(2-エチルヘキシルオキシカルボニル)アニリノ]-1,3,5- トリアジン
  • トリメトキシケイ皮酸メチルビス(トリメチルシロキシ)シリルイソペンチル
  • ドロメトリゾールトリシロキサン
  • パラジメチルアミノ安息香酸アミル
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル
  • パラメトキシケイ皮酸イソプロピル・ジイソプロピルケイ皮酸エステル混合物
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
  • 2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル] -6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5- トリアジン
  • 2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン
  • ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸及びその三水塩
  • ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
  • フェルラ酸
  • 2,2’-メチレンビス(6-(2H ベンゾトリアゾール-2-イル)-4-(1,1,3,3-テトラメチルブチル)フェノール

これらは顔に使う化粧品なのか、体に使う化粧品なのか、粘膜に使う化粧品なのか、洗い流すタイプのものか、など使う場所や条件、配合量によって、使い分けられます。

「スポンサーリンク」

紫外線吸収剤の影響や危険性

それでですね。

せっかくシミ・シワ・たるみ・老化を防ぐために日焼け止めを塗っているのに

悪化させてしまっては意味がありませんからね。

もっとも気になる、実際に肌に塗った時の影響って

如何なんでしょう?ということなんですが。

いろんな情報をまとめるとこういうことです。

↓↓↓↓

肌の上で何が起こっているかというと、前述のように、

肌でキャッチした紫外線が紫外線吸収剤と化学反応を起こしています。

これによって、分解された成分が影響して、人によっては
レジャーに行って日を浴びた際等に

赤くなったり、アレルギー反応が起こった。

↑↑↑↑

これが一番声の多いトラブルです。

しかし、私はこれまで吸収剤の含まれた下地兼用の日焼け止めを3年毎日塗っていますが

炎天下の下に行っても一度も炎症が起きたことがないので、

こればかりは本当に、あなたのお肌に合う合わないかによります。

日焼け止めを買うときは、テスターが設置されているお店で試してから、紫外線に当ててみて、確認してから購入するのが賢い選択です。

紫外線吸収剤のオキシベンゾンは発ガン性物質!?

紫外線吸収剤の中で発ガン性等で騒がれている「オキシベンゾン」

これは多くの化粧品に含まれている成分で、使用している日焼け止めも多いです。

なぜ騒がれているのかというと、2006年アメリカのネズミを使った実験やで発ガン性が認められたからです。この後2007年にドイツでも成長ホルモンへの影響が研究結果から指摘されています。ヨーロッパやアメリカの一部では既に使用禁止令が出ています。

ところが、これについては賛否両論。

同時にこのオキシベンゾンを使った化粧品を販売する日本や韓国と、欧州・アメリカを比較した時、皮膚ガン発生率は日本や韓国の方がはるか〜に低いのです。

これが現状・現実です。

皮膚ガンの元となる最も大きなリスクはオキシベンゾンよりも紫外線。

オキシベンゾンを使用して紫外線を防いだ方がよほど低刺激、

と日焼け止めの塗布をおすすめしている専門家も沢山います。

そんなに影響があるものであれば、厚生省が禁止していると思うのですけどね・・・オキシベンゾンについては怖いことが書いてある情報元も多いのは事実です。

気になるかたは、「オキシベンゾン」が含まれていない日焼け止め剤を選択しましょう。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの違い

「紫外線吸収剤不使用」の日焼け止め剤は
基本的に、「紫外線散乱剤」というものが入っています。

吸収剤が紫外線を無害なもの(熱)に化学変化させて肌を守るのに対し、

この紫外線散乱剤は、

物理的に紫外線を反射(散乱)させる鏡のような役割をします。

主な成分としては

酸化亜鉛や酸化チタンが使われています。

「ノンケミカル」と謳われているもの、
オーガニック、と謳われている製品が
基本的にこの紫外線散乱剤を使用した日焼け止め
に当たります。

紫外線吸収剤は化学有機物なので、分類的にはケミカルとなりますが、
パッケージに「ケミカルです!」と謳ってしまうと売れなくなるので
わざわざこのようには書いていません。
「紫外線吸収剤使用」または、前述の成分が表記されています。

紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、
化学反応等を起こさないため肌への負担や炎症の心配は少なく、
長時間長持ちします。

肌荒れが気になる方に吸収剤不使用の日焼け止めが推奨されているのは

このためです。

ただし、

その反面、その成分のために白浮きが目立ち、

もったりと塗りにくいテクスチュアです。

ここで、近年この白浮きを解決するために、

散乱剤をナノ粒子のサイズにまで細かくして配合する日焼け止めが出ていますが、

このナノ粒子は肌の奥深くにまで入ってしまうほど小さなサイズなので

肌の中に入った時のリスクが考えられると、

いろんな機関で懸念の声が上がっています。

ナノ粒子の紫外線散乱剤が入っているものは、

まだまだ研究等多くの課題が残るため、お勧めできません。

紫外線吸収剤の仕組みまとめ

今の日焼け止め剤には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらかが入っているものと、

両方が配合されているものがあります。

両方を使うことによって、それぞれの長所を生かし

より使いやすい、肌に負担の少ない強力な日焼け止めを作り出しているのです。

何れにせよ、肌荒れを引き起こさないためには

日焼け止めを塗った後の丁寧な洗顔と、アフターケアを大切にしましょう。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。