肌に優しい日焼け止め、ケミカルとノンケミカルの違い。日焼止め以外の紫外線対策

肌に優しいノンケミカルの日焼け止めとは

肌に優しい日焼け止めってどんな日焼け止めでしょうか。日焼け止めを塗って海に行ったら肌荒れを起こしてしまった!という人は多いです。「ケミカル」や「ノンケミカル」の日焼け止めの違いを知っておくことも大切です。また、どうしても肌に合わない場合は日焼け止め以外の紫外線対策も視野に入れてみましょう。

「スポンサーリンク」

肌に優しい日焼け止め選び方

液体か、スプレーか、パウダーか

今やドラッグストアや化粧品売り場ではありとあらゆる日焼け止め製品がラインアップされていますね。肌に優しい日焼け止めを選びたいとはいえ、しっかりとした効果も欲しいもの。
一般的には、パウダーはUV効果は低いと言われます。粉の隙間からも容赦なく紫外線は入り込み、また落ちやすい特徴もあります。肌への負担も少ないと言えますが、紫外線をバシバシ受けてしまっては意味がありません。しっかり紫外線はブロックしたいので、リキッドタイプ、ジェルタイプ、BBクリーム等化粧下地に配合されたものを塗り、パウダーやスプレーは補助的アイテムとして活用しましょう
外出先等でメイクの上から塗り直しができない時などには、スプレーがお勧めです。

紫外線分散剤が入ったものを使う

日焼け止め剤に含まれる紫外線の侵入を抑える物質には、
紫外線吸収剤紫外線分散剤の二つがあります。
どちらか一方が使われていたり、両方がブレンドしてある日焼け止めもあります。

肌により優しい日焼け止めがどちらかというと、紫外線分散剤を使用したものになります。
「紫外線吸収剤不使用」と書いてあるものが、基本的にこれに該当します。
紫外線分散剤とは、物理的にその成分によって光を反射することで、紫外線を肌に侵入するのを抑えるというものです。肌が敏感な方はこのタイプをお勧めします。
結構ちまたで話題にもなっていますね。

主な紫外線分散剤:酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄など

この紫外線分散剤が入った日焼け止めには、以下のような特徴があります。

【紫外線分散剤の特徴】
●紫外線に当たっても(化学反応による)肌荒れを起こさない
●粒子が大きいので白くなりやすく、透明感がない。
●こってりとしている
●長時間続き、効果も高い

これに対して
紫外線吸収剤が入った日焼け止めには、以下のような特徴があります。

【紫外線吸収剤の特徴】
●紫外線に当たると熱エネルギーに変換する化学反応によって、アレルギー反応を起こす人がいる
●無色透明
●さらっとしていて塗りやすい
●強いほど肌への負担が大きい

紫外線吸収剤についてはこちら↓
「紫外線吸収剤とは?成分メカニズムと影響。紫外線吸収剤不使用との違い」

紫外線分散剤入りの物にもナノ粒子のものは注意!
この白くなってしまう欠点を改善するために、紫外線分散剤をナノ単位で細かくして日焼け止めに配合している商品がありますが、これはあまりお勧めしません。あまりに細かいために、肌の深い部分にまで入り込んでしまいます。残留のきっかけになり、その後の肌の影響とリスクについてまだ実証されていません。最近は「ナノ粒子不使用」などとの表記が多くなってきました。

日焼け止めを塗って肌荒れを起こした方は

市販の「絶対焼けない」とうたった日焼け止め等を使って
海へ遊びに行ったら、真っ赤に腫れてしまった。かぶれてしまった。
そんな経験をしている人は、ほとんどが

1. 日焼け止め自体の成分が肌に合わなかった→塗っただけで荒れる

肌が荒れる原因となる日焼け止めの成分は以下の通り。
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤
・エチルアルコール(アルコール類全般)
・合成界面活性剤
・人口防腐剤
・鉱物油
・口香料
・着色料

2. 紫外線吸収剤が紫外線に当たることで起こした化学反応にアレルギー反応が出た(肌荒れ・赤く炎症):この化学反応が通常の効果なのですが、一部の人に肌荒れを引き起こす
→塗って紫外線に当たると荒れる

「スポンサーリンク」

この2つのケースだと思います。
あなたはいかがでしたか?

もし日焼け止め自体の成分が肌に合わない場合は、たくさん成分が混合された日焼け止めから合うものを見つけるのは難しいとは思いますが、赤ちゃん向けの日焼け止め製品を試してみることをお勧めします。
※一度荒れるとしばらく肌は敏感になるので、一度お肌のコンディションが落ち着いてから使ってみてくださいネ。

時折赤ちゃん用の日焼け止めでもかぶれてしまう、荒れてしまうという超敏感肌さんもいます。こうした方は、日焼け止め以外にも目を向けて紫外線対策をすることが大切です。
これについては最後の章で。

日焼け止めは毎日しっかりクレンジングで落としましょう。
何れにせよ日焼け止め剤はお肌にとっては負担です。
特に強力でオイリーな日焼け止めはデイリーユースは避けることが大切です。通常のメイクよりも落ちにくく、残留すると肌荒れの原因になります。就寝前にきちんと落として、アフターケアをしましょう。強い日焼け止めほど、肌への負担も比例して大きくなる
モデルさんは、20〜30SPFの弱いSPFのものを、
こまめに塗り直しすることで肌に負担がかからないようにしているそうです。

日焼け止めのケミカルとノンケミカルの違い

日焼け止めを探していると
「ノンケミカル」とうたう製品に沢山出会うと思います。
いろんな言い方があって紛らわしいですが、

「ノンケミカル」
イコール
「紫外線吸収剤(有機化合物)が含まれていない」
イコール
「紫外線散乱剤を使用した日焼け止め」

となります。
逆に、

「紫外線吸収剤が含まれている」
イコール
「ケミカル」

という意味になります。

オーガニックの日焼け止めという言葉も出ています。オーガニックは人口保存料や人口香料が入っておらず、お肌に優しいと言えると同時に、品質をキープする保存料等が入っていないだけに製品自体の劣化も早く、それによる肌荒れが起こる場合もありますので、一概に肌に良いとも言い切れないのです。

日焼け止め以外の日焼け対策

紫外線予防には、日焼け止めを塗る以外の対策もあります!
まず、日傘や長袖、サングラスを使った物理的な紫外線カットは必須です。
それに加えて体の内部からもアプローチする方法も。
肌が敏感な方には、これらを組み合わせて対策するのもおすすめの手です。

飲む日焼け止めを活用する

日焼け止めには、サプリメント状のものもあります。
この飲む日焼け止めの中には、

●紫外線から肌を守る成分配合のもの(ポリフェノールなど)
●皮膚疾患治療に有効な成分配合のもの(特有植物から抽出したエキスなど)

など、国内外あらゆる企業から様々な種類が出ています。
効果に個人差はあるものの、光老化に対する抗酸化作用が強力に入っているものもあるので、紫外線対策だけでなく「アンチエイジング」として美容にも高い効果を期待できそうなアイテムです。
価格幅の振りが大きいので、メーカーや販売元のHPもしっかりチェックして自分に合ったものを見つけましょう。

ビタミンやポリフェノール類を多く摂取する
植物自体が紫外線から身を守るために保有するポリフェノールやビタミンは、人間にとっても有効です。現在身近に手に入る食材は、もちろんバランスよく食べることが必要ですが、大量生産によって生産されるため栄養価が下がってきていると言います。抗酸化に強い体づくりに必要な栄養は期待できません。
また1日に必要な量というのは食材にするとかなりの量で、食費も跳ね上がるうえ、いくらかの栄養は調理中に流れ出ていってしまいます。手軽にサプリメントの力を借りましょう。

サプリメントは製造元の信用性が選ぶ鍵。
パッケージに書いてある数字や文言を鵜呑みにして選ぶのは危険です。

ビタミンはA、C、Eをバランスよく摂ります。ビタミンCは、体が保有できる量が決まっているので、摂り過ぎても流れてしまうだけ。1日の中で小分けして摂取するのが効果的です。

肌に優しい日焼け止め選び方まとめ

どの理由でどんな日焼け止めがあなたのお肌に優しいのか、何が合わなかったのか、見つけられずにいろんな製品を試している人も多いと思います。
ドクターシーラボやキュレルなど、敏感肌に優しいメーカーのものを中心に、上記のヒントを頭に入れながら探してみてください。ご自分のコンディションと相性の良い日焼け止めと出会えることを願っています!

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。