浴衣を6月に着るのはまだ早い?浴衣の時期と着ていい場所のマナー

浴衣を着る時期6月はまだ早いの?

早い地域では6月半ばの時期から夏祭りが始まります。こうして始まる夏のイベントを先取りして浴衣を着るのは早いでしょうか?いつから着るのが浴衣のマナー?浴衣を着て良い時間帯や場所があるという声もあるので、実際のところはどうなのか、実体験をもとに、6月の浴衣とTPOについてレポート!

「スポンサーリンク」
  

浴衣を6月に着るのは早い?

いいえ、6月ともなると、夏のお祭りが始まる頃です。
浴衣を着て行っても大丈夫!

大人としてマナー面でも、問題ありません。

私の場合、
地元・名古屋の端・清洲市にある西枇杷島という場所で、毎年、名古屋で一番早い、夏先取りの小さなお祭りが毎年6月に行われます。地元に愛された、打ち上げ花火付きのお祭りです。
ご年配のお友達から、「ぜひ浴衣でいらっしゃいね」とお呼ばれし、行ってきました。

会場に近づくほど、地元の人々は大人も子供も男性もみんな浴衣。
本当に華やかです。出店や、山車が出て、もうすっかり夏祭り。雨に降られることもなく、花火も、長屋のお二階から満喫しました。
そして、もしかしたら、寒いかな?とも思いましたが、全然大丈夫。ここ数年度々訪れましたが異常気候でない限り、夜になっても、冷たいビールを(何杯←)いただいても、まったく寒くありませんでした。

さて、
この6月ですが、世間的にもみんな半袖を着て、暑いなぁと言い始める頃です。
名古屋駅や市内を電車に乗って行くので、人の目もドキドキしましたが、まったく大丈夫でした。流石にまだほとんど誰も浴衣を着ていないので、目立ちはしますが、駅で出会ったご年配の方にも、「まぁ、浴衣きれいね」と声をかけてもらいました。

さらにそのお祭りの後は、これまた浴衣を着た夫とパブ(イングリッシュ立ち飲みバー)へ。笑
夫はアメリカ人であるし、浴衣を着ていることもあって、土曜日で賑わうパブで大目立ち。それでも夏一番取りという感じで、どこでお祭りがあったのかと、質問ぜめでした。夫はそれが嬉しいようで誇らしげに浴衣を着こなしていましたよ。

浴衣を着る時期とマナー

さて、6月、それも最初の週に浴衣を着てお祭りと初夏の夜を街で満喫した私達ですが、
果たして、これは浴衣を着る時期のマナーとして、OKだったのかどうか?
たとえば、都内や日本各地で、お祭りがなかった場合でも、6月頭から浴衣を着て出掛けてもそれはマナーとしてOKなのかどうか?

TPOが気になるところですね。

情報は出元が大切。
和装に関しては、着物に詳しいプロに聞け!
と、いうことで。

私はリサーチしました。

【1. (有)きものと宝飾社】
例えば、(有)きものと宝飾社さん。呉服業界のマーケティング・雑誌発行に長く携わっていらっしゃる会社です。こちらの会社様の公開されている内容では、「夏以外の時期に着ても全く問題ありません。」とのこと。
「本来日常着である浴衣は、4月からでも、10月に着ても問題ない」とおっしゃっています。

【2. きものレンタルwargo】
また、観光地の着物レンタル業で人気の きものレンタルwargoさんでも、「盛夏である7月中旬〜8月末頃が一般的」としながら、「盛夏というのはあくまで目安なので、何月何日〜何月何日までと決まっているわけではありません」と述べています。

>【3. NHK】
さらに、NHK経営のウェブサイト「らいふ」のゆかたを楽しむQ&Aでは、着物・礼法研究家の安田多賀子氏の監修下で「主流は7月、8月」と同時に、「基本的にゆかたは現代では遊び着なので、難しい決まりごとはありません」とのこと。

最後に、これは一般の方が編集できるシステムのサイトではありますが、浴衣の歴史や由来を調べても同様の情報が載っていたので引用させていただくと、
「安土桃山時代から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。」

つまり、一つの衣類にカウントされる、ということなんですね。
私個人的には、百貨店の浴衣販売コーディネートを見ていると、「普段着」以上の、「夏の涼しげな正装」という雰囲気までします。風情を感じて、見ているだけで気持ちの良いものです。

まあ、つまりは
浴衣は今や現代的にアレンジされ、普段着の一つとして流通しているので、季節に決まりはないと。こういうことなんです!

なので6月に着てもマナー違反ということは全くありません。

ただ、風通しの良い織りや素材の生地でできていることから、初夏や晩秋に装う時は風邪だけ引かないように注意しましょう。
また、「本来は湯上りに着るもので、普段着て街を出歩くものではない」とおっしゃる方もやはり中にはいるようですので、「9月末に着ているカップルを見てぎょっとした、辞めたほうが良いのでは」という提案や意見も、世の中にいくらかあるということは承知しておきましょう。

そして、初夏の爽やかな柄、真夏の涼しげな柄、晩秋を思わせるシックな柄のチョイス等は、やはり季節感が大いに出るので、あなたのセンス次第、と言ったところでしょうか。
やっぱり夏に革のハット、冬に麦わらハットをかぶっている人を見ると、「えっ」となりますからね。それと同じです。(いますよね、そういう方も。。。)

浴衣を着ても良い時間帯

浴衣を着ても良い時間帯についても、上記のように「本来は寝間着。湯上りに着るもの」とする方にとっては、朝や昼間に着るのは非常識、とされるかたもいらっしゃいますが、すでに一般世間のマナーの範囲では、朝昼に浴衣を着ることは問題ありません。時間帯についての決まりごとはありません。
夏も本格的にお祭りが各地で開催されるようになると、都内でも浴衣を着た方をたくさん見かけますよね。

「スポンサーリンク」

浴衣のマナー着ていい場所とは?

さて、浴衣を着る季節、時期、時間帯は決まりがないことがお分かりいただけたと思いますが、浴衣を着て行って良い場所というのは、やはりあります。
浴衣を着ていかないほうが良いTPOというものがある、ということです。

浴衣は「普段着」、この位置付けは変わりません。

例えば冠婚葬祭や、美術館、ドレスコードのあるレストラン等では、ふさわしいとは言えません。(結婚式やレストラン、テーマパークであえて浴衣をテーマにしているような場合は除きます。)浴衣は裸足であったり、下駄を履くし、着崩れるし、はだけます。同じ和装のお着物と比べても「正装」からは遠いものになります。どんなにきちんとした服を着ていても、肩を出して教会や寺院に入ってはいけないというのと、まあ近いものを感じます。

浴衣を楽しむには、身近で気取らない場所。
改まった場所へ出向くのは失礼とされる場合がありますので気をつけましょう。

私みたいに、百貨店の浴衣売場で完璧なコーディネートを見て興奮し勘違いしそうになっても、それは、普段着の上級版?ぐらいに留めておいてくださいね。

一般的な言い方で「ちゃんとした格好しよう」という場所へはNGということです。

ご注意:温泉の浴衣
旅館やホテルの浴衣は、ご存知さらに位置付けが「寝間着」寄りなので、これを着て出歩けるのは許可された温泉街のみにしましょう。まぁ、これを着て街を出歩く人はいないとは思いますが念の為。

浴衣を6月に着るのは早い?着る時期まとめ

6月に浴衣と花火とビールを楽しんだ私と夫は間違っていなかった、ということが実証されました。それにしても、私たちにとっては、先取り感が目立ったあの夜は、本当に楽しい時間でした。浴衣は「普段着」とされても、私達の多くは、イベント事やお祭り時にしかなかなか着れない特別な衣服。是非みなさんも、浴衣を着た非日常感を楽しんでください!

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。