ご不幸があった家にお中元は送る?のしの変更と御仏前を贈る方法

ご不幸のあったお家にお中元は送っても良い?

喪中のお家や、お中元・お歳暮の準備中に送り先に不幸が起こることも、残念ながらあります。そんな状況のお家にお中元・お歳暮を送っても良いのかどうか、どうするのが最善か、先輩の声を元にレポートいたします。

「スポンサーリンク」
  

不幸があったお家にお中元を送っても良いのか

百貨店などでお中元を手配しようとしているところに、
遺憾にもそのお家から訃報が舞い込んできた・・・ということは、どうしても起こり得ます。そんなとき、タイミングによっては既に手配をしてしまっていたり、既に送り届けてしまっていたりと、様々な状況があるかと思いますが、

不幸があったお家にお中元を贈ることは、何ら問題ありません。
喪中期間のお家であっても、同様です。
マナー面でも、失礼に当たるということもありませんので、
既に届いてしまっている場合も、慌てずに対応しましょう。

そもそも、
お中元・お歳暮は、常日頃にお世話になっている方へ感謝や、季節の挨拶を贈ることです。
感謝の気持ちを贈ることは、仏事とは全く別のものなので、ご不幸と重なってしまっても特に問題ではないのです。

ただ、ご不幸があったばかりの家は、何かとバタバタして物理的にも精神的にも大変な時を迎えられていることに変わりはありません。お中元を送ればやはり相手もお返しをしなければとなることでしょう。

ご不幸が起こった時点で、既に配送にかかっていて届けてしまった場合は、仕方がないことなのですが、水引きのついたのし紙をかけたお中元が届いてしまっていると思いますので、先方が落ち着いた頃にお詫びを一言申し上げましょう。

もし手配前であれば、名目をお中元からご仏前に変えたり、内容やのしの種類を変える、届け日を遅らせる、という細かいことですが変更が効きますので、相手の状況に合わせて対処することができれば、尚良いでしょう。

「スポンサーリンク」

この他、ご不幸が間もなくて、49日も終わっていないようであれば、49日を待って贈りましょう。一般的なお中元を贈る期間である7月頭〜15日までを過ぎるようであれば、名目は「お中元」ではなく「暑中見舞い」「寒中見舞い」とします。

お中元ののしはご不幸に合わせて変更する

百貨店などにお中元の手配だけされていて、まだ配送されていない段階だったり、これから手配する段階であれば、お中元にかけていた水引きののしを水引きなしののし。またはリボンに変更しましょう。

お中元ののし紙は、紅白(赤と金で描かれることが一般的)の5・7本の水引が描かれているものが使われますので、これを、白紙に「お中元」とだけ書いた水引のないものを貼り贈ります。
また、今回もし先方から先にお中元を送っていただいており、お返しを考えていた場合は、名目を「御礼」としても良いと思います。

・・・お中元はお祝いではないのに、紅白の水引・・・?とも思いましたが、日本では贈り物は全般的にこの水引がかけられるよう。その理由についてはちょっと見つかりませんでしたが。。。

お中元ではなく御仏前を贈るときは

さらに、やはり御相手の心情を考えて、お中元ではないものを贈りたいという時は、「御仏前」という形に変更してお送りする方もいます。(49日を超える前なら名前が「御霊前」となります。)
これはお仏壇の前にお供えくださいという品で、状況にもふさわしいでしょう。

御仏前として贈るものは、季節の果物、お花、賞味期限の長いお菓子・缶詰のほか、お線香やろうそく、お酒などとなります。お中元でお菓子を用意されていた場合はそのまま名目を変えてお送りすれば問題ありませんが、タオルやそうめんを用意されていた場合は内容の変更を検討しましょう。

ご不幸があった家にお中元は送る?まとめ

お互いの突然の訃報に、驚いて、慌ててしまうこともあると思いますが、相手を思いやった行動をとることで今後も良好な関係を築いていくことができます。葬儀に参列したり、香典を用意するなどこの他にも多々すべきこともあると思いますので、そうしてお会いしたり連絡を取られながら、臨機応変に対応しましょう。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。