唇が色素沈着する原因を知ろう。改善ケアと色素沈着を防止するには

唇の色素沈着の原因と改善ケア、予防方法

唇の色素沈着の原因は、ほとんどが体質や日頃の生活の癖、生活習慣です。これから健康的な色に改善していくには、まずはあなたの色素沈着の原因を知り、予防と改善ケアを同時に進めていくことが大切です。美容外科でレーザー治療を受ける前に、自宅やドラッグストアで簡単に手に入るアイテムで自分で出来ることから始めてみましょう!

「スポンサーリンク」
  

唇が色素沈着する原因とは?

唇の色素沈着は、ほとんどが生活習慣が原因です。
そのほかでは、アトピーなどの皮膚疾患を持つ体質の方の唇に沈着が見られます。

生活習慣が原因の方は、習慣さえ改善すればもちろん改善されますし、
このアトピーも、「体質だから仕方がない」のではなく、皮膚の炎症を繰り返した結果、物理的な唇への負担が色素を濃くする原因になっているだけなので、
改善の猶予が、たんまりとあると考えましょう。
諦めるのはまだ早い!?

生活習慣による唇の色素沈着

原因1 ● 喫煙をしている
たばこを吸っている女性をみると、多くの方が唇が青い傾向があります。私も実際に40代、50代になるにつれ、紫色になっている方を特によく見かけます。若い方も、今は良くても後々の色素沈着になる可能性は高いと考えた方がよさそうです。タバコが引き起こす色素沈着の原因は大きく分けて2種の原因があります。
1.タバコに含まれるタールがメラニン色素を呼ぶのでシミと同様色素が粘膜に沈着する。
2.ニコチンが毛細血管を収縮させることで血流が悪くなるので暗紫色になる。

また喫煙は、歯や口腔内への影響も大きく、歯周病を引き起こし歯の喪失が平均約10年早まります。はい、いいことが全くないのが喫煙です。

原因2 ● 乾燥している
乾燥は、肌によくないと耳にタコが出来るほど聞いていることと思いますが、顔のお肌だけでなく、さらに皮膚の敏感な唇にも大きなダメージを与えます。乾燥して皮膚のターンオーバーが回らなくなると、角質が溜まり、色がくすんでしまう、というわけです。
また、小さい頃から乾燥がひどく、そのたびに唇を舐めてしまっていた人、頻繁にひび割れを繰り返してしまっていた人は、肌への負担が強く、色素新着を引き起こします。

原因3 ● 日焼けをしている
女性は特に、日頃から日焼け止めを塗っている方が大半だと思いますが、唇のUVケアもしっかりしていますか?唇も他の皮膚と同様にターンオーバーを繰り返しているので、この日焼けは日焼けシーズンだけのものかと思いがちですが、唇にもシミやソバカス、ほくろができます。紫外線は肌を乾燥させメラニンを生成します。こうなると、お肌のシミを消すのがどれだけ大変かご存知の通り、色素を元に戻すのは至難の技!しかも唇は粘膜でもあるので、顔用のシミ消しクリームの中でも強いものはあまり使用できません。乾燥がひどくさらにストレスがかかると時には口唇ヘルペスを引き起こしてしまうことも。口唇ヘルペスも繰り返すと赤みが残ることがあります。

原因4 ● 化粧品が色素沈着を起こしている
口紅やリップといった化粧品が色素沈着の原因になるのは本当です。特に、近年多いリップティント系は、「ティント」とは染めるという意味であり、皮膚の上に乗せるだけのリップカラーやグロスよりもしっかり色がついてくれるます。それは色落ちしにくいという良い点ではありますが、それは要は肌に色が残るということです。
私はリップティントが好きですが、使用後の唇の乾燥、色のくすみが目に見えてわかります。リップティントに使われているような染料タイプは実際にメイク業界の年上の先輩から色素沈着したという声があるので、これから使用しようとしている方はご用心。このほか揮発性油分を使っている口紅は微小な化学反応を起こすし、昔家庭科で勉強した赤色2号、3号、104、105、106号などの発ガン性や体へ悪影響のある食用色を使っている口紅もできるだけ避けましょう。

原因5 ● 摩擦や炎症など肌に物理的な負担をかけている
例えばピーリングのしすぎや、誤ったメイクオフでゴシゴシ擦ってしまっている、タオルでゴシゴシ拭く癖がある、アトピーや肌荒れが続くことよって物理的に負担がかかっている、ステロイドの薬を塗っていると、どうしても色素沈着になります。体が肌を守ろうとして皮膚を厚くすることにより透明感がなくなり血色が見えす、結果的にくすみにつながっているケースです。

「スポンサーリンク」

唇の色素沈着を改善するケア

難しいようで実はシンプルな仕組みで起こっている色素沈着。原因を絶って適切なケアを続けていけば、時間と共に改善されます。紫外線による染みは、下記に加えて顔と同じホワイトニング効果に特化した化粧品を併用してみましょう。
ここでは自宅でできる唇のケア方法をご紹介します。

● ピーリングと保湿で代謝を促進します。

1.定期的にピーリングをする
ドラッグストアで手に入る専用ジェル(できるだけ肌に優しいオーガニックのもの)や、手作りのアイテムを使って、最多でも1週間に1〜2回程度ピーリングをして古い皮膚を取り除きます。やりすぎは肌を痛め、色素沈着や乾燥を促してしまうので厳禁です。
私はドラッグストアで購入した顔・体用の水でできたピーリング用ジェルを使っています。

<自家製手作りリップスクラブの作り方>
手作りリップスクラブ
・オーガニックの砂糖/ブラウンシュガー(スクラブ目的。サラサラしているものを選ぶ。黒砂糖は液体になってしまうので×)
・エクストラバージンオリーブオイル(保湿効果)
・レモン汁(お好みで。香り付けと酸化防止)

以上をスクラブ程度にべっとりする割合で混ぜ、入浴やシャワー後の皮膚が柔らかくなっている時に優しく擦ります。
オリーブオイルの代わりにはちみつを使ってもOK。小さなジャムの瓶などに入れて保管しましょう

2.保湿を徹底する
おすすめは化粧水等を顔に塗る時に一緒に唇にもしっかり入れ込んでから、リップクリームやリップケア製品を塗ります。リップクリームはできるだけ柔らかく色や香りが付いていない保湿効果に特化したものを選びます。最後にワセリンを塗ると朝起きた時まで保湿されています。(ワセリンは皮膚に浸透しませんが水分蒸発防止の蓋としての効果が強力です。化粧水・リップクリームでせっかく入れた保湿成分が蒸発してしまわないように、軽視せずに塗ってみると、翌日驚くほど違います。)
保湿は代謝を促しますので必ず行ってください。

● 努力を継続する
大人の人間の体は60兆個もの細胞からできています。(※)それらは常に生まれ変わっていて、約2〜3ヶ月かけて新しい細胞と寿命になった細胞が全て入れ替わります。こうして細胞が入れ替わることを「代謝」や「ターンオーバー」と言います。皮膚も同様に常に代謝しており、全て入れ替わるまで以下の日数がかかります。(※ 27兆個という説もありますが、今回は私もよく聞く、またNHKの情報でもある60兆個としました。)

<皮膚の全細胞入れ替わりのスピード>

10歳代 約20日周期
20歳代 約28日周期
30歳代 約40日周期
40歳代 約55日周期
50歳代 約75日周期
60歳代 約100日周期

細胞がこれだけの日数を要して生まれ変わるということは、例えば生活習慣を見直したところで、1週間や2週間の改善では変わりにくいとも考えられます。根気よく、最低3ヶ月を目標に継続的にケアをしていくことが大前提になるということです。

アトピーなどの体質をお持ちの方は、唇が正常の状態でない限り、ピーリングはしないでください。市販の保湿等ではどうにもならない時は皮膚科の専門の医師に処方してもらう薬と保湿材を使用してください。まずは唇の治療が最優先です。

唇の色素沈着を防ぐには

せっかく改善ケアをしていても
相変わらずの生活習慣を続けて色素沈着促進運動をしてしまっていては、意味がありません。今後の色素沈着防止対策もしっかり行いましょう。

まずはなんといっても上記の悪い生活習慣根源撲滅運動から始めましょう。( ̄∇ ̄)

● 色素沈着を改善したかったらタバコはやめましょう。
● リップクリームはUV入りのものに変えます。
● 刺激を与えないようにしましょう。決してゴシゴシしてはいけません。
● 染料を使ったリップカラーは使わない。化粧品は丁寧に落とします

血行促進を促す

根源撲滅運動のほかに、血行を促進することも、予防につながります。
血行が良くなると、代謝が上がり、顔色が良くなり、唇が綺麗なピンクや赤になっていきます。唇の色素沈着の改善・防止効果をさらに強くしてくれるでしょう。血液は、酸素濃度が高いと綺麗な赤色になりますが、酸素濃度が低いと青または紫になります。これは動脈・静脈と同じですね。

「えっ」と思うかもしれませんが、
ストレスもよくありません。ストレスは血液をドロドロにし、血行を悪くするので、負のサイクルを生み出してしまいます。

ストレス

血がドロドロ

血行が悪い

酸素が行き届かない

血色悪い&ターンオーバーが遅い

古い皮膚が溜まり色が悪い・透明感がない

保湿も行き届かない

改善されない

ストレス

・・・ギャーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

ストレスには、悩みを抱え混みすぎないことのほか、ビタミンの摂取をお勧めします。特にビタミンCは天然の体の酸化(=老化)防止剤の役割をしてくれ、精神的・身体的なストレスからも守ってくれます。(ビタミンCは体が一度に保有できる量が決まっていますので、1日に何回かに分けてこまめに摂取するのが最も効果が高いです。)

血行をよくするためには、入浴、バランスの取れた栄養、十分な睡眠、ストレス解消が役立ちます。これらは私たちが普段よく耳にすることだし、簡単に聞こえるのですが、生活習慣になってしまっているので実際にやってみると結構大変です。しかもそれを継続していかなくてはなりません。

けれどもこれらは全て健康の基礎でもあり、色素沈着以外にも美容に嬉しい効果が沢山あるはずです。これを機に普段の暮らしを見つめ直してみるのも、ありかもしれませんよ。

唇の色素沈着の改善。おわりに

先日まぶたの色素沈着についても記事を書きましたが、まぶたも唇とやはり基本は同じ。色素沈着を引き起こしている根源を絶って、保湿と生活習慣飲み直し、体質改善することが大切です。あなたの原因はどれですか?

関連記事:「唇が日焼けするとどうなるの?唇の日焼け止めと紫外線防止方法」関連記事:「まぶたの色素沈着を改善するために出来る事。瞼のケアとカバーの仕方」

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。