カッターシャツの収納方法。たたみ方、Yシャツ保存の黄ばみと臭い防止

Yシャツの収納方法

カッターシャツの長期収納のおすすめ方法です。衣替えなどを機にかさばるYシャツを収納ボックスへ保存する際につい疑問となる、襟の型崩れケアや黄ばみの防止、クリーニングから戻ってきたあとの手入れ方法などを、先輩の経験談を元にご紹介。

「スポンサーリンク」

衣替え時のカッターシャツの収納方法

シーズンや転職などの際に、あまり使わなくなったカッターシャツ(ワイシャツ)を、
長期収納したい。我が家も普段あまりシャツを着ないのに、収納ボックスや箪笥へ入れるという発想自体にあまりならず、ついついハンガーへかけたままになってしまっています。
しかし、これがなんとも邪魔で。もっとスペースの有効利用ができないものか?

ハンガーラックによっぽど余裕のスペースがある方はいいんです。
でも「シワにならないように、ちょっと隙間を開けて掛けておきましょう」とか、
「スーツ用カバーをかけましょう」とかよく紹介されてますが、
そんなスペースみなさんあります!?( ̄∀ ̄)

海外じゃあるまいし、大きく見積もって自宅にウォークインクローゼットがあったとしても、
結局経験上ショールームみたいなあんなスッカスカの収納は無理。
非現実的。

もっと手間を掛けず、お金を掛けず、賢く収納する方法ってなんぞや。

そこでやっと、収納ボックスや箪笥の空きへの収納を考えるわけです。
これが一番。

ところが、やっちまったことある方はご存知だと思いますが、きちんと洗濯したYシャツでも、うかつに長期収納ボックスの中に放り込んでおくと、襟周りに取れにくい黄ばみが発生していたり、カビ臭くなったりと意外とトラブルの被害に会いがちなのも事実。

そんなトラブルを回避するために、今一度カッターシャツの保存方法をおさらいしようと思いました。高いシャツは高いし、安くてもまた新しいシャツを買うのもばからしいですからね。

で。

早速、収納時の、ポイントやたたみ方を。

Yシャツに限らず何でも衣替え時に大切なのは乾燥です。
湿気は禁物。

チェックポイント1:カラカラに乾いているか?日陰で十分干してから

そして、もしクリーニングに出している場合。
つい返ってきた時についているビニールをつけたまま保存しがちですが、ここで

チェックポイント2:ビニールに通気孔があるか?無ければビニールは外す

これも湿気回避のためです。ビニールの中にこもっていると、気温差や湿度に左右されて、思った以上にカビが発生します。目に見えないカビでも油断禁物。一度カビの臭いがつくと、なかなか取れません。通気性が大切です。

シャツが畳まれ通気孔の開いたビニールに包まれていれば、完璧です。そのまま、襟が上下交互になるようひっくり返しながら積み重ねて収納すればOK。

ところが、店によって、ハンガーにかかって返ってくる店がありますね。こんな時は自分で畳まなくてはいけないわけですね。
がんばってたたみましょう。

収納ボックス向けYシャツのたたみ方

さて、クリーニングからハンガーで返ってくる場合や、自宅で洗濯した場合。
まずアイロンがかかっていることを確認したら、(取り出して着る時はやはりシワ取りが必要ですが。)たたみ方は意外と簡単。

①ボタンを二箇所以上留める。
几帳面な方は全部留めてもいいし、面倒な方(私)は第一ボタンと3番目、一番下を留めます。型崩れを防ぎ、たたみやすくするためです。

②後ろからたたみます。まず袖

③身幅を折る

④身丈を三つ折りに

出来上がり。簡単。 ・・・だれ?絵が雑って言ったの

そして襟が上下交互になるようひっくり返しながら積み重ねて収納ボックスへイン。
もちろん上から重いものを載せないように。

「スポンサーリンク」

Yシャツ保存時の黄ばみを防止する

取り出したYシャツの黄ばみを見て、
「ちゃんと洗って仕舞ったのに・・・」
ガーン。

なんてことにならないように。
黄ばみの原因は落ちきっていない汗汚れ・皮脂汚れが大半ですって。
毎日洗っているつもりで、蓄積された皮脂汚れが酸化して黄色くなります。ベッドのマットレスもよくこの手で黄色くシミになってますよね。

で、この汚れ、結構な高温で洗わないと溶けてくれないみたいで。

アメリカの洗濯機だとお湯で洗う機能が標準的についているのですが、日本の家庭の洗濯機では限界があるので、日頃から自宅洗濯派の人も、諦めてせめて10回に1回はクリーニングに出すのが理想。普段着ている時の蓄積された汚れや黄ばみも白く綺麗にメンテナンスしてくれます。なので、長期収納の前も、クリーニングに出してしっかり汚れをリセットしましょう。

また、夏の汗をしっかり吸ったYシャツはドライクリーニングはダメです。「そんなことするクリーニング店は、Yシャツのこと何もわかってへん。」らしいです。しっかり「水洗い(冷水という意味では無い)」をオーダーしなければ、汗は洗い流せません。

一方、「何としても経費削減したい」という方は、
自宅でお湯で洗いましょう。お風呂のお湯くらいの温度で良いので、日頃から洗濯機に入れる前にお湯と石鹸で洗うと、汚れの蓄積を家庭でも防げます。特に衣替えなどの長期保管の前は、酸素系漂白剤を加え数分浸けておいてから洗うこと。
繰り返しますが、冷水では油汚れは落とせませんのでご注意。
たとえその時はシミが無いように見えても、繊維の奥ののに見えない皮脂汚れが酸化して表に出てくるのが黄ばみなので、シミがあってもなくても、漂白 + 湯洗いはしておきましょう!
これで随分黄ばみを防げるはずです。

ちなみに、ついてしまった黄ばみにも、
お湯に10分ほどつけた後たっぷりの石鹸で洗います。
おすすめはケイ酸(アルカリで手荒れがしやすいですがケイ酸は油汚れに強いので襟汚れ等に向いている)配合の洗濯用固形洗剤。
それでも落ちなければ、酸素系漂白剤で1〜2時間シミ抜き。

もちろんクリーニング店に持っていっても落としてもらえます。

ね、めんどくさいでしょ。
だから事前回避しておきましょう。

カッターシャツの収納方法まとめ

黄ばみの原因とケアの方法は意外とシンプルでした。ちなみにドラッグストアですぐ手に入る酸素系漂白剤は、色物にも使えて、タバコや生乾きの匂いがついてしまった時の消臭効果もあるので、一つ入手しておくと良いかもしれません。(使用方法はしっかり読みましょう)

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。