ワイシャツの襟の黒ずみ、脇の黄ばみを落とす方法。襟袖汚れの防止対策

ワイシャツ襟の黒ずみ、脇の黄ばみを落とす方法

世のサラリーマンの必需品、ワイシャツはどうしても普通の洗濯では落ちない襟の黒ずみや脇の黄ばみが発生しがち。でも慌てず対処して今後も汚れの対策・予防をしていけばまだまだ清潔なカッターシャツとして長く着ることができます。もちろん家庭でも簡単にチャレンジできます。

「スポンサーリンク」

ワイシャツの襟の黒ずみの落とし方

襟の黒ずみ・黄ばみは放っておくと、日を追うごとに取れにくくなり、「着ていれば見えにないからいいか!」なんて考えていると、実は仕事中のふと近くに寄った時に見えています。この汚れ、シャツを洗っていないかのようにも見えて、結構「うわっ」となってしまう。(私だけ?)

でもこの襟汚れ、通常の洗濯機に突っ込むだけではなかなか取れないことで有名。

なぜ通常の洗濯で落ちないのでしょうか?

その原因は皮脂汚れに含まれている油分と、汗・タンパク質の混合が関係しています。

この油分は浸透しやすく繊維の奥まで入ってしまううえ、
冷たい水では溶けないので通常の冷水を使った一般的な洗濯方法や洗剤では落ちないわけです。
この汗・皮脂汚れが黒ずみで、時間が経ち酸化すると黄ばみや茶色に変化します。

で。

もちろんクリーニングに持っていけば簡単にシミ抜きして新品のようにしてくれるのですが、コストがかかる。

ここでは自宅ケアに特化します。
これらを自分で落とすには、
いたってシンプル。

「前洗い」です。
洗い方は以下の通り

①お湯を使う。

「煮沸しましょ〜」なんてのも時折聞きますが、お湯はお風呂の温度くらいでOK。あまり熱いお湯を使うと、生地を痛めたり、特殊樹脂や接着剤によくありません。何より形状記憶等の機能(携帯安定加工)のシャツの場合はその効能を弱めてしまうのでお勧めできません。

②油に強い洗剤を使う。

おすすめはケイ酸入りの固形石鹸。先輩主婦に聞けば聞くほど、やはり出てくるのがこの固形石鹸。固形石鹸は、ネット検索すると昔懐かしい風貌の石鹸がたくさん出てきます。固形石鹸のいいところは、ピンポイントで塗りやすいところ。汚れ部分を狙ってササっと塗布できます。(個人的にスポンジヌリヌリタイプは、塗った裏側まで染み込んじゃうので、いつも塗り場に困って面倒)そして染み込んだ汚れを押し出すようにイメージしながら揉み洗いをすればOK。(軽い汚れなら、油汚れに強い中性の食器用洗剤でも落ちます。私は食べ物をこぼした時やソースが飛んだときはできる限り時間が経つ前にさっと食器用洗剤。これで大概は落ちます。)

頑固な場合は5〜10分ほどお湯に浸けてから洗うと直よし。
また歯ブラシがあれば、繊維をなぞるようにして優しく当てます。あまり強くこするとまた繊維を痛めるのでご注意。

この地点でほとんどの襟汚れは落ちるはず。

③洗濯機に入れて他の洗濯ものと一緒に洗う。

この①・②の前洗いが済んだら、あとは通常の洗濯をします。

それでも襟の黒ずみが取れない場合

時折、それでもなかなか取れないケースも耳にします。
または、漂白剤を使って失敗し、カッターシャツ全体が黄色くなってしまったり(漂白剤やけ)というトラブルもあります。
そんな時は漂白剤を使いましょう。

全体が黄色っぽくなってしまった原因は、襟や袖の樹脂と塩素系漂白剤が反応して黄色くなってしまった可能性大。(この塩素系漂白剤は黄ばみトラブルが起きやすいので、使うなら酸素系漂白剤にしましょう。)

「スポンサーリンク」

このめっちゃ頑固な襟汚れにも、他の部分が黄色くなってしまったトラブルにも効果があるのが、黄変回復用漂白剤(「ハイドロハイター」など、大手洗濯洗剤会社から出ています)。やはり湯に溶かして漬け置きすることで、大抵のシミが綺麗に漂白されます!

ワイシャツの脇の黄ばみの取り方

脇の黄ばみにおすすめは、ほうれん草

服の脇の黄ばみ、実はほうれん草の茹で汁で落ちます。
完全なおばあちゃんの知恵です。
ほうれん草をさっと茹でた後の、あの緑のお湯。(冷ましてもOK)あの水には、シュウ酸が含まれているので、私が高校生の頃は、茹で汁を取っておいてもらって、制服のシャツをこれでいつも洗っていました。脇の部分だけこの水に浸けて洗うだけ。あとは洗濯機にGO。
このシュウ酸は、シミ抜きの洗濯用洗剤にも含まれています。
私が軽いワキガだからからか?(爆)2〜3週間も着ればすぐ黄色くなっていましたが、これで簡単に落ちるから助かりました。2〜3週間に1回はほうれん草食べるでしょ。

けども、一人暮らしの20代のサラリーマンが家で一人ほうれん草を茹でるかというと、、、
どうなんでしょうかねぇ。笑

人によってはドラッグストアの洗剤の方が手軽かもしれませんね。

ということで。
おすすめはこちら↓

お湯 + 酸素系漂白剤

脇の黄ばみは、通常の汗染みとは分泌物が異なるためちょっと特殊で、食器用洗剤では落ちません。淡白質が多く含まれているようです。
そこで、粉末の酸素系漂白剤を買ってきましょう。

お湯 + 酸素系漂白剤のコンビ で漬け置き洗いします。

酸素系漂白剤は、お湯と混ぜるとしゅわしゅわ〜!と発泡します。これが気持ちいい。
そこにカッターシャツを浸して1時間放置。
汚れを確認して、落ちていなければ延長します。

色柄ものについて
塩素系漂白剤はNG!
酸素系漂白剤は色物もOK!
(金属系の染料を使ったものを除く)
ラベルの使用可能範囲の説明をよく読んで使用しましょう。

ワイシャツ襟汚れ脇汚れの防止

実はもっと簡単な襟、脇の黒ずみ黄ばみの対策があります。
それはズバリ

予防、つまり、「日頃の漂白」です。

はい?と思うかもしれませんが、
実は普段洗濯をする時から、洗濯機に突っ込む前に予防対策をすれば漂白すると同時に予防にもつながります。汚れが入り込まず蓄積も防げるので、あとあと洗った時にぐっと汚れが落ちやすい。

まず、
洗濯前に襟に専用洗剤をつける癖をつけましょう。
スプレータイプだとシュッとひと吹きするだけなので簡単。スプレーのジェルタイプもあります。スポンジヌリヌリタイプもOK。酵素入りで油汚れにしっかりアプローチしてくれます。臭いも取れますので是非実践あるのみ。

この手間でより汚れを落とす&なおかつ簡単にするポイントは、

●できれば週末には全部洗う。それ以上は放置しない。
●ワイシャツだけまとめて、他の洗濯物と別にして、酸素系漂白剤をいつも入れる。
●「あっちっち」の風呂と思うの程度のお湯を使って洗う。(もしくは前もって湯に浸けておいて、洗濯機で冷水で洗う)

ちなみに、夏に部屋干ししてしまう人は、すんごい生乾き臭が漂っているので、ワイドハイターなどの殺菌リキッドを常に加えましょう。(しかも大抵着ている本人は気がついていない)

ワイシャツの襟の黒ずみ、脇の黄ばみを落とす方法まとめ

毎日切るカッターシャツを白く綺麗に保つようにするには、予防・汚れの事後対処のいずれもお湯が必須であることがわかりました。これまで自分で汚れが取れないと思っていた方も、お風呂などで洗ってみてはいかがでしょうか。白く清潔なシャツを着た爽やかなサラリーマンは魅力的です。ちょいと一手間がんばってみましょう!

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。