ハロウィンの説明子供向け簡単ver。本国情報から翻訳、世界のハロウィン

ハロウィンの子供向け説明
日本でのハロウィンイベントの勢いが加速しているなか、実は実態がよく分からないその由来や意味を本国アイルランドから正しく子供向けに翻訳・説明しています。どうして仮装するの?いつから始まったのか?大人でもわかりやすい簡単説明です。

「スポンサーリンク」

ハロウィンの説明子供向けバージョン

小さな子供向けに、民族名や宗教名は極力完結にまとめています!

10月31日「ハロウィン」とはキリスト教(カトリック)の聖人の日である11月1〜3日の前夜祭、つまりイブのことです。

どうしてハロウィンをお祝いするの?

夏が終わり、11月が迫って日が落ちるのが早くなり、うす暗いシーズンになると、死後の世界とこの世の境界が曖昧になると信じられてきました。

ワンポイント
ハロウィンの発祥起源であるアイルランドは夏の日照が長く、日没が夜10時。11月頃には夕方5、4時に日が落ちるので、アイルランド人にとっては秋〜冬は夜の長い季節なのです。

10月31日に日が沈むと、死んだ人の魂や、お化けたちがあの世からやってきて街を歩き始めます。そして恐ろしいことに、悪魔(死の神様サムヘイン)が、あなたを探しにきます。
そこで、あなたは他のお化けたちに紛れ込んで、悪魔に見つからないように仮装をして隠れるというわけ!お化けに変装しておどかしてやりましょう!

ママ向けにもう少し細かい情報を!

ハロウィーンはアイルランドで始まりました。ケルト民族独自の宗教によって、約西暦0年からお祝いされています。つまりもう2000年の歴史が!後にキリスト教(カトリック)を中心に広まりました。11月1日はつまり「聖人の日」。(※国や宗派によって様々な名前があります。)聖書に出てくる人、教会にある銅像の人たちや、殉教者のお祝いです。

仮装は何を着るの?
元々はお家にあるゴミ袋や紙袋、布切れなんかを使ってお化けに変装していましたが、1920年代にアメリカで商業的に大流行し始めてから、そのコスチュームも大きなビジネスとなり、今現在のハロウィンとなりました。なので、アメリカでも日本と同じように、本来の習わしより随分かけ離れたものに(-.-;)

ちなみに主なお化けとしては、ゴースト(白いシーツをかぶったような典型的なお化け)、ゾンビ、魔女、ガイコツ人間です。さらに黒猫、狼人間などがここに加わってきます。余談ですが、アメリカのお墓は土葬がまだまだメインです。なので「ゾンビ」というのは日本よりもずっと身近なお化けなのですね。映画や大人向けドラマも、未だゾンビというのは大人気。ハロウィンのお化けと日本の幽霊は随分違いますが、この機会に“お化けは楽しいもの“と刷り込んで、怖くてトイレに一人で行けない子などの対策になるかもしれません。

「スポンサーリンク」

世界各国でも少しずつ風習がことなり、おもしろいのでご紹介します。

世界のハロウィン

【フランス】
フランスは「アメリカかぶれ」が好きではないので、アメリカで大きく発達した仮装大会であるハロウィンをあまり受け入れておらず、「トリック・オア・トリート!」と見知らぬ家をまわる風習はあまり見かけられません。しかし実のところは、かつてからカトリック教の教会が強くハロウィンのお祝いを拒んできたからなんだとか。
近所のお家をまわる代わりに、フランスでは子供達がお菓子屋さんやお店をまわります。

【ドイツ】
ドイツでは、ハロウィンの日は家にある全てのナイフ類を隠す風習があります。蘇った死者の魂がナイフを使って、私たちを襲うを防ぐためです。

【スウェーデン】
スウェーデンでは「アラ・ハルゴンズ・ダグ」と呼ばれ6日間の連続したホリデーとされています。なんと学校もお休み、子供達にとっては嬉しい休日です。

【スペイン・メキシコ(ラテンアメリカ)】
メキシコを舞台としたディズニー映画「リメンバーミー」でも有名になった、「死者の日」。現地では11月1日から2日にかけて盛大にお祭りがおこなわれますが、この前夜祭がいわゆるハロウィーンなのです。
ラテンアメリカにとってハロウィーンよりも大切なこの「死者の日」は、日本でいうお盆。ご先祖様の魂がこの期間だけこの世に帰ってくるのを家族と一緒に音楽や食べ物、飲み物で歓迎し、感謝し、お祝いするのです。

【日本】
日本では、夏にご先祖様の魂が帰ってくるお盆というものがあるので、
この日はただ「お化けがやってくるお祭り」と位置付けても良いのではないかと思います。前夜祭といっても、11月の頭に日本ではお祝いをしないので、ちょっと混乱させてしまう可能性も。そもそも日本の文化ではないので、幼稚園や保育園の七夕やひなまつりのようにきちんと経験して覚える必要も特にはありません。小学生くらいの少し理解できそうな年頃なら、他の国のお祝いなのだということを、教えてあげましょう。

アメリカでも、11月頭は特にお祝いはなく(カトリック系なので)、子供達への説明は「お化けの日」程度の簡単なものです。

ハロウィンの簡単な由来まとめ

これまで得体がよく分からなかったハロウィンも、少しは簡単になったでしょうか。大人もよく分かっていない人が多いのが実態ですが(私もよく分かっていなかった)、これで幼稚園や子供会などで子供達に説明ができると良いなと思います。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。