髪が日焼けするとどうなるの?日焼け止めのおすすめ選び方と落とし方

髪日焼けどうなる?日焼け止めおすすめと落とし方
髪が日焼けすると具体的にどうなるのか!?髪の毛や頭皮に紫外線対策をしている方は、まだ少数派のようです。今一度どんなダメージを引き起こすのか、認識してみましょう。高いトリートメントやカラーリングをしていても、日焼けによって台無しにしているかもしれません。ここでは髪の日焼止めの選び方のおすすめと、正しい日焼け止めの落とし方をレポート!

「スポンサーリンク」
  

髪が日焼けするとどうなる!?

髪が日焼けすることで受けるダメージは沢山あります。

髪色が退色する

人の髪質や色によって影響にも幅がありますが、地毛の色もカラーをした色も退色(変色)し、髪色を変えた?と言われるほど変化してしまう人もいます。全く染めていないのに夏だけ茶髪になり、冬に戻るなどということもよく有ることです。
実は髪が受ける紫外線の影響は顔面の約5倍
中でも避けたいのは紫外線のB波。よく日焼け止めの数字の横に記載されている「+」マークです。このB波が髪の毛のメラニン色素を破壊し流れ出てしまうというわけです。

紫外線のA波とB波
紫外線の波長の違いによってAとBに分けられ、A波は真皮にまで届きシミやたるみの原因に、B波は表皮を短時間で焼き、時には火傷のようになりメラニンを破壊したり生成しシミの原因になります。

枝毛や切れ毛が増える

また、紫外線を浴びると毛先がバサバサ、パサパサ、ギシギシになります。
それは、紫外線に当たって発生する活性酸素がキューティクルを破してしまうので、そこから髪の水分が飛んで乾燥し、切れたり枝毛になってしまうのです。乾燥や痛んだキューティクルによってさらに擦れやドライヤーの熱を受けやすくなり、バサバサになるのです。

海水やプールの塩素もUVダメージの相乗効果に

夏のスポーツである水泳や遊泳パークなどでのレジャーを楽しむ方はその殺菌塩素、また海水浴をする方は塩水による髪へのダメージも、紫外線のダメージに相乗効果を与えてしまいます。漂白にも使われる塩素が髪の毛に良いわけがなく、退色を起こすほか、海水の塩はキューティクルを開いてタンパク質やミネラルがジャージャーと流れ出てしまっているからです。

せっかく夏に向けてこだわりのカラーリングをしても、高いトリートメントで日々ケアをしていても、こうして紫外線のダメージと夏のレジャーや部活の機会によって、まったく意味がなくなってしまいます。時間とお金が水のように流れていってしまう・・・夏は髪の毛の危機のシーズンと言えます。

では、顔だけでなくしっかり紫外線対策をしていくにはどうしたら良いか?
それは次章

↓ ↓ ↓

「スポンサーリンク」

髪の日焼け止めのおすすめ選び方

今日髪の毛や頭皮に使える日焼け止めがあることは随分認識されてきました。
その日焼け止めにも様々な種類があるので、その選び方についてまとめています。
種類は、日焼け止め類と常に店頭に並ぶスプレータイプ、スプレーと思ったら実はミストタイプ、髪のセクションにあるトリートメントタイプ(ミルクタイプ)などがあります。
私のおすすめは洗い流さないトリートメント。朝のスタイリングに合わせてつけてあげれば保湿もできて手間もいりません。

この中でも髪の日焼け止めを選ぶ時は紫外線カットの数字の他に、成分べたつきなどの使用感香り落としやすさがキーになります。

スプレータイプ

髪の日焼け止めとして最もポピュラーな日焼け止め、スプレータイプ。
最近だとドラッグストアの日焼け止めコーナーに必ず一緒に並ぶスプレータイプ。大体の製品が「顔・からだ」や、「顔・髪」、「全身」などと使用箇所が書いてあります。このほとんどの製品たちが、髪に使ってよしと考えてOK。髪へ使用するときはシュッと吹きかけて手を汚さなくて済むため、簡単です。

ただし、使用感が製品によって全く異なり、サラサラ!をキープできるものもあれば、べったり、ゴワゴワとなってしまうものもあります。この使った時の使用感が最も選ぶべきポイントの一つです。そして髪を痛めない成分配慮がしてあるものを選びましょう。

<要点>
●サラサラ感をうたっているもの(できれば髪用とうたっているもの)
●アルコールを使っていないもの

人気の商品はナプラの「ミーファ」。1本600円くらいで、髪専用。選べる香りも良くてべたつきません。スプレータイプは他にも様々な製品があるので検索してみましょう。

●正しい使い方
よく振ってから髪から10〜15センチ離し、てっぺんから下へ向かってジグザグのラインを描くようにしながら吹きかけていくのが正解。

ミストタイプ

「スプレー」と歌っていても実はミストタイプのものもあります。スプレータイプは吹きかけた部分が白くなってしまうことがありますが、リキッドであるミストタイプならその心配がありません。吹きかけてから揉み込めば保湿も兼ねることができます。

●正しい使い方
表面から全体的に吹きかけた後、髪の内側にも軽く吹きかける。頭のてっぺんは頭皮にもかかるよう意識します。最後に軽く揉み込んで全体になじませます。

トリートメントタイプ・ミルクタイプ

毎日の保湿ケアに使う洗い流さないトリートメントに、UVカット効果を持つものがあります。ヘアカラーのキープ、保湿、香りなど、そもそも髪に特化しているプロダクトなので使い勝手が良い。ミルクタイプが主流ですが、ジェルタイプもあり。

中でも私が個人的におすすめなのはミルボンの「エルジューダ サントリートメント」。

洗い流さないトリートメントなので保湿と紫外線カット効果が高いだけでなく、さらりとして香りがとても良いのです。

●正しい使い方
通常のトリートメントは毛先を中心に揉み込みますが、日のよく当たる頭頂部分もUVから守る為に、根元など頭頂部にもよく力塗りましょう。ボリュームがなくなってぺったりしてしまうのに抵抗がある人は、毛先につけた後に手に残った分を根元へ揉み込むようにしてつけます。私はなぜか、根元からしっかりつけても時間が経つとフッサフサになってしまうのですが・・・。

髪の日焼け止めの落とし方

日焼け止めには、オイルが配合されたものが多く、ぬるま湯とシャンプーで落とす必要があります。「ウォータープルーフ」や、「汗・水に強い」とあるものは特に念入りに洗います。基本的な髪の洗い方と同様、ぬるま湯でしっかりすすいだ後にシャンプーを泡立てます。夏は汗も沢山かくため頭皮の脂を洗い流すことが必要なので、しっかり指を立てて洗います。洗い落とすのが簡単なタイプとして宣伝している日焼け止めでも、大体が「石けんで落とせる」「ボディーソープで落とせる」「ボディーソープで落とせる」「専用クレンジング不要」という製品なのでやはり洗浄力のあるシャンプーは必要です。

ちなみに、「ぬるま湯」の温度とは?
ぬるま湯と書きましたが、(気持ちが良いと感じる程度の)熱いお湯で洗うのは、お勧めできません。特にヘアカラーした髪は色を長持ちさせたければ、日焼け云々の前に、高温で洗うのは厳禁。適温は体温より高い温度、40度より低い温度です。体温より高い温度によって皮脂を溶かし、40度以下にすることによってキューティクルを守ります。ヘアカラーをした髪は、ダメージを受けやすくなっているので、お湯を浴びるとキューティクルが壊れてしまうのです。
熱いお湯の方がスッキリ汚れが落ちそうな気もしてしまいますが、ぬるま湯で丁寧に洗う、これが正解です。

そして落とした後の保湿も忘れずに。浸透性の高いアルガンオイルのトリートメントなどを使ってしっかり水分を取り込みましょう。

まとめ

髪の乾燥やパサつきは実年齢以上に見られるし、海帰りに紫外線でと塩水で色が抜けてしまっては悲しいかなヤンキーな結末です。以上の選び方ポイントをご参考に、さらに購入前には実際のレビューを読んで、サラサラ、しっとりなど自分の好きなテクスチャの日焼け止めを探してみましょう。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。