唇が日焼けするとどうなるの?唇の日焼け止めと紫外線防止方法

唇が日焼けするとどうなる?症状と日焼け止めUVカットのリップクリームを多く見かけるので、唇もお肌同様にUVにさらされ日焼けしていることは知られていると思いますが、実際に日焼けした場合、唇はどうなるのか?どんな症状やリスクを負うのかをレポート。また、そんな日焼け予防に効果的な方法や日焼け止めにどんなものが有るのか、まとめました。

「スポンサーリンク」
  

唇が日焼けするとどうなるの?

粘膜である唇は皮が薄く、繊細です。
顔面以上にダメージを受けやすいのが現実なのに、顔面だけ日焼け止めを塗って、唇は無防備・・・なんてことになっていませんか?

もちろんおでこや頬と同様によく知られた、紫外線によるメラミン色素(しみ・ほくろ)が発生したり、乾燥・シワの原因になります。(シミや黒子ができてしまうと自分でとることは難しく、美容外科でレーザー治療が必要になってきます。)
しかしそれだけではなく火傷や炎症を起こしたようになる場合があります。

唇が日焼けで火傷した時の症状の特徴は、

● 赤くなる、異常に赤く、ヒリヒリと痛む
● 乾燥しガサガサに荒れて皮がめくれる
● 腫れる
● 水ほう、水ぶくれができる、ブツブツ(発疹)ができる

唇が日焼けによって火傷状態になり、腫れ上がるひとは少なくありません。たらこ唇のようになり、悩む人の多いこと。また、化膿して水ぶくれができてしまうと治るのにも時間がかかり見た目も気になります。ヒリヒリと痛いうえ、あまり繰り返すと肌負担がかかって色素沈着を引き起こすこともあるので気をつけましょう。
通常の日焼け(少々の火傷)であれば、症状がよくなるまでに約3〜5日かかります。

ただし、
● 舌が腫れる
● 帯状疱疹
● 上下の唇の片方だけが腫れている

という場合は日焼けにとどまらず他の原因ややや緊急性のある症状とも考えられるので、極力早く医師に診てもらいましょう。

唇の日焼けとヘルペスとの違い

水ぶくれは唇の日焼けにはよくある症状で、口唇ヘルペスと異なるのは唇全体に白っぽい水泡やブツブツができます。ヘルペスは極部的に小さなブツブツが出来、その部分だけがムズムズしたり、ピリピリと痛みだします。時間が経つとブツブツが水ぶくれになり、完治までに1週間(またはそれ以上)かかります。唇全体がヒリヒリと痛むようならそれは日焼けと考えましょう。
ただし、こうした唇の悪条件から、免疫が下がり、それをきっかけに口唇ヘルペスを発症してしまうという場合もありますので注意しましょう。

ヘルペスであれば、医師に診てもらい薬を処方してもらう必要があります。(ドラッグストアでも市販されていますが、処方箋等がなければ販売してもらえません。)また、普段から口唇ヘルペスになる方はすでに薬を持っていると思うので、普段通り塗布しましょう。

口唇ヘルペス経験者の私からのアドバイス
ちなみに、普段からヘルペスになる方は予防として免疫力を高めるのがおすすめ。ちょっと今日は疲れたなと思う日や、肌への負担が大きかったなと思う日は、身体の内側からも外側からも念入りに体のメンテナンスをすることです。マルチビタミンのサプリメントをとったり、保湿を十分にとったりと、ヘルペスの症状が出る前から自分の身体に対して手厚いメンテナンスをしてあげること。「ちょっと無理をしたけどまあいいや」と放置して症状が出てからでは、治るにも時間がかかりストレスになります。これらを気をつけるようにしてから、私は滅多にヘルペスを発症しなくなりました。

それ以外の日焼けによる炎症であれば、自宅でケアすることができます。

「スポンサーリンク」

※ 炎症が起きてしまってからの対処法については、別記事で!

唇の日焼け予防の方法

ではこのような大事になってしまう前に、
事前に唇の事前に日焼け・紫外線予防を行うにはどうしたら良いのでしょうか。

紫外線から唇を守るリップクリームは必須

どこのドラッグストアでも手軽にすぐに手に入るUVカットのリップクリーム。定番だけれどこれを塗るのが簡単で手っ取り早く、欠かせない日焼け防止です。同じ日焼け止めと謳われているリップクリームでも振り幅は大きく、効果や落ちやすさが様々。皮膚専門科医の推奨は、仕事や普段の生活のデイリーユースでもSPF30以上のものです。(最低でもSPF15、何もしないよりはマシ、という程度)
色やツヤにこだわる方は、リップカラーの下地として使用しましょう。ちなみに資生堂の日焼け止めリップは海外でも評判です。

SPFリップクリーム

カラーレス(無色)リップライナー

気に入りの薄色リップカラー

さらに夏のレジャーなどへお出かけの方は、
まあ、皆さんすでに選ばれてると思いますが、しっかり紫外線A波・B波(数字がA波・「+」マークがB波)共に表記のあるものはもちろん、「スポーツに」「ウォータープルーフ」とされていたりアウトドアブランドから出ているものは特に落ちにくい傾向。
さらにおすすめは紫外線ダメージの過酷な環境下で行われるスポーツの、サーフィンや登山ギアのお店なんかに行くと置いてある、おすすめのリップクリームです。ちなみにそういった場所の店員さんの使っているものを聞いてみるのもいいと思います。普段から色々使って気に入って使っているものがあるはず。肌質も皆さまざま。実際によく日の下へ出る人の経験談が最も有力です。

一例ですが、アウトドアブランドのサブマリーナからプロユースのスーパーUVケアシリーズのリップクリーム「ブリスタ」が出ています。保湿成分と紫外線対策が同時にしっかりできるのはもちろん、サーフィン向けに考えられているので落ちにくい。

内側からも唇の紫外線対策

これは唇に限らず肌にも言えることですが、内側からしっかり紫外線から守る栄養を摂取しておくことも大切です。生の果物や野菜から摂取できるビタミン酵素には、ファイトケミカルス(フィトケミカル)が含まれています。これらは植物が自ら紫外線から身を守るために持っている成分で、紫外線ダメージによってできる活性酸素を生成させない働きをしてくれます。活性酸素は体全体において老化の原因になり、最悪の場合ガンの元になる物質です。沢山の生野菜を美味しく手軽に摂取できる朝のスムージーはおすすめです。

また、十分な水分摂取で新陳代謝を高めておくことも大切。乾燥はダメージを受けやすくしてしまいます。日焼け予防としても、日焼け後のケアとしても、もっとひいて普段の美容・健康においても、水の効果は絶大です。ちなみにこの水分補給、お茶やジュース、コーヒーではなく、ミネラルウォーターである必要があります。

防止や日傘で物質的にも日焼け止め

日傘や帽子、スカーフを使って日焼け予防をしている方も多いですが、これはもちろん唇にも効果大。ケアしていてもひどく荒れてしまうという人は、外出時だけマスクの着用も考慮しましょう。

唇の日焼けまとめ

私は朝、顔用のオイルが配合された日焼け止めを塗る時、リップクリームであらかじめ保湿した唇まで一気に塗ることがあります。今の所ひどい唇の日焼けはしたことはありませんが、落ちにくい分、夜のメイクオフの際に丁寧に落とし、洗顔後の保湿も行なっています。

関連記事:「唇が色素沈着する原因を知ろう。改善ケアと色素沈着を防止するには」
関連記事:「まぶたの色素沈着を改善するために出来る事。瞼のケアとカバーの仕方」

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。