七五三の子供用着物のクリーニング代は?ポリエステルと正絹を比較検討

11月の七五三に向けて、着物の購入とレンタルを迷っていますか?
種類の幅広い七五三の着物。買うなら呉服屋さん?量販店?
素材は絹?ポリエステル?迷ってしまいますよね。

そんな購入とレンタルを迷っているときは、「クリーニング代」も参考にしてみましょう。

  

子供七五三の着物のクリーニング代相場

着物は買って終わりではなく、使用後の手入れやきちんとした仕舞い方などが必要です。
その過程で、生地素材の違いがクリーニング代にぐっと影響してきます。
生地は一般的に大きく分けて
●正絹
●ポリエステル
があります。正絹だとクリーニングだけでも10,000以上はくだらないので、素材別にきちんと要点を押さえておきましょう。

着物のクリーニング代ポリエステルはいくら?

量販店でだいたい15,000円〜20,000円で売られているものは、素材が化繊、ポリエステルだったりするからです。通販では安いもので5,000円台から揃います。

クリーニングに出すと約2,000〜3,000円程度と考えましょう。

ですが、ちょっと待って!
ポリエステルの着物は、お家でも気軽に洗えます。
きちんと畳んでネットに入れれば、
洗濯機で洗ってしまってOK!
自宅で洗うのが一般的で、これならお金はかかりません!

着物を1日レンタルしても15,000円くらいするので、レンタルする気持ちで購入できます。お宮を歩いたり雨が降ったり、ジュースをこぼしたりと、何かと汚れたりするものですから、10万円の着物を着せて歩くのと比べると、気楽ですね。

ポリエステルの着物は、
一般的に上質な着物に使われる正絹に比べると、しっとりとした触り心地、独特の高級感はありませんが、その質感は普段から着物を目にしている方でなければ、ほとんどわからないと言います。

着物のクリーニング代正絹はいくら?

母の着物を、私が受け継ぎ、私の娘にも着てもらいたい。
そんなふうに、思い入れがある着物、
それはきっと、絹の着物でしょう。
艶があって、なめらか。品があってなんとも言えない美しさです。お正月やお節句、兄弟の七五三など、事ある節目に着る着物は、思い出にしっかり残ります。

正絹は、クリーニングに出すとだいたい1万円以上します。
簡易的な丸洗いなら約5,000円。

なぜこんなに高いかというと、
一般的な「洗張り」という洗い方は、着物を一度分解して旦の状態に戻し、洗って板に張り、ピンっとシワをとるという手間暇をかけるからです。これは洗うごとに美しい艶が出て味わいになります。
ただ、もう一度仕立てが必要になるので、どうしても料金はかかります。

正絹のクリーニングは取り扱いのできないお店もあり、
安いから!といってあまり知識のないお店に預けてしまうと、着れなくなてしまう事も起こりえます。(※絶対に家で洗ってはいけません)
信頼の置けるお店に依頼することが大切ですが、呉服屋さんの多くは提携したクリーニング屋さんがあります。呉服屋さんのチラシを注意深くみていると、キャンペーンで安くクリーニングしてくれるところもありますので、ぜひチェックしましょう!

そのお店の相場を知るために
「丸洗いでおいくらですか?」と聞いてみたり、見積もりをとってみたりして
高すぎるようなら「予算に合わないので」とお断りしましょう。
お店は断られ慣れているので、気にせず大丈夫。

まとめ

お着物のコストに関する全体像が、ざっくり見えたでしょうか。
ご自分のニーズにあった着物の選択で、大切な記念である七五三を楽しまれるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。