年賀状の返事はいつまでがマナー?返事の書き方と遅れた場合の正しい対応法

年末年始は帰省や旅行でバタバタするもの。
しばらく家を不在にする方も多いと思います。
そんな帰宅した後に、
こちらからは出していない方から年賀状が来ていたら、
慌てて返事を出さなくては!なんてこともありますよね。
年賀状の返事はいつまでに出せば良いのか?
また、失礼にならないお返事の書き方、
もし遅れてしまった場合はどんな対応がいいか?をご紹介いたします。

スポンサーリンク
  

年賀状の返事はいつまでがマナー?

一般的に年賀状は1月7日までに到着するように送るのがマナーです。
1月7日は「松の内」と呼ばれ、この日を最後に門松を片付ける日(飾り納め)でもあります。
松の内はもともと15日でしたが、その後徳川幕府が徳川家康の没日などの不幸の理由から日をずらし、
7日に早まりました。
幕府のあった関東から遠い関西などの地域の一部で今もなお15日が松の内とされるのは、このためです。

現在は関東以外の地域でも7日を「松の内」とする場所が多数派であることから、基本的には遅くとも7日まで出しましょう。(極力7日に到着が望ましい)
なお、8日に投函されたものからは郵便局で消印が押されてしまうので、気を付けましょう。

年賀状の返事、丁寧な書き方

こちらから年賀状を出していない人から年賀状が届いてしまった場合、
特に目上の方からなどであれば、失礼のないように返事を書きたいものですよね。
そんな時に付け加えると良い書き出しは
「早々に年賀状をいただき、誠にありがとうございます。」
さらにかしこまった書き方だと、
「早々とご丁寧な年賀状をいただき、大変恐縮です。」
遅れた理由などを書く必要はありません。
また、
「新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。」
「ご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました。ご挨拶が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。」
などお詫びを一言添える場合もありますが、かえって遅れたことを強調し失礼になってしまうので、通常通り出すという方も増えています。
現代は海外旅行や親元を離れて暮らす場合、帰省し不在することが一般的になり、到着の遅れは目上の方であってもさほど気にならなくなった背景があります。
お詫びよりも、お年賀状をいただいたお礼を添えてお返事差し上げるのが、相手も気持ちよく受け取れるかと思います。

スポンサーリンク
《ワンポイントアドバイス》
縦書きの場合は「、」や「。」などの句読点、文頭の一文字空けは不要です。

年賀状の返事が遅れた場合失礼にならない対応法は?

それでも、冬休みの日を最大限に生かしてたまには家族と海外旅行、となると、7日までに返事を出すのが難しい場合があります。そんな時は、「年賀状」ではなく「寒中見舞い」としてハガキを出します。この寒中見舞いとは、もともと寒(かん)の期(1/8〜2/4)に相手の体調を気遣った便りのことです。ただし、年賀状のお返事としてお出しする場合は、遅くとも1月15日(小正月)頃までには出しましょう。
この時は既に年賀状ではないので、一言お詫びを添えましょう。
「ご丁寧な年賀状を頂きありがとうございました ご挨拶が遅れまして申し訳ございません。」
「新春のご祝詞を頂戴しながらご挨拶が遅くなり 誠に申し訳ございません。」
などが良いです。
そしてお相手のご健康や良い年を迎えられた慶びやお祝いの言葉を添え、今後もよろしくお願いします。という内容で締めくくりましょう。

年賀状の返事はいつまで?まとめ

年賀状は、普段連絡をとっていない相手でも、「あなたのことを忘れていません」「感謝をしています」「ご挨拶申し上げます」が伝えられる、日本人らしい大切な行事です。たとえ縁遠くなってしまい年賀状だけで何年かの付き合いが続いても、何かの機会でお会いした時でも良好な関係を保持してくれるものです。
遅くなってしまったし、、と諦めずに、できる限りお返事はしましょう。
また、お返事を大切にされるあなたには、こんな方法もあります。
郵便局へ相談することで、事前に受け取れる場合もあります。公に公表されているサービスではありませんので、各郵便局で対応の可不可がありますが、29日などに受け取れれば、旅行前に通常年賀状を出しておけば、元旦には間に合わなくとも、気を揉むほどの遅れにはなりません。(会社であれば丁度始業日頃に届きます。) 最寄りの郵便局へ各々確認されると良いでしょう。

みなさま健康で素敵な年始を過ごされることを祈っています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。