年賀状を幼稚園の先生に出しましょう。文例やメッセージ、宛名の書き方は?

そろそろ年賀状を準備する時期ですね!
お子さんが幼稚園に入られたばかりで、
幼稚園の先生に年賀状を出したいけどどうやって出したらいいのか、
迷ってしまいますよね。
例えばお子さんがまだ字が書けなかったら、何を書けば良いのか?
親の名前で出すのか子供の名前で出すのか?
宛名はどういう書き方が良いのか?などをレポートします。

スポンサーリンク
  

年賀状を幼稚園の先生に出しましょう。

年賀状を幼稚園の先生へ出す人は比較的多く、出して迷惑がられることはまずありませんが、
もし、出すか否かを迷った場合は、その幼稚園の先輩ママにどうされているか聞いてみましょう。幼稚園によっても風習が異なるので、先輩の話が聞けると安心ですね。
また、年が明けてみると、園の名前で届く場合、担任の先生から子供宛で届く場合など、幼稚園個々の「パターン」もありますので、初めてであれば一度受け取ってから様子をみて返事を書くという方法もあります。

今は法律改定もあり、先生も生徒も住所をむやみに教えてはいけないことになっています。そのため、送り先は先生の自宅ではなく、幼稚園で大丈夫。北国等で始業が遅いため、ご挨拶を見てもらえるのが遅くなってしまうとしても、気にすることはありません。
会社だって、受け取った側も始業日に初めて見るのですから。

年賀状を幼稚園の先生に書く、文例やメッセージ

親から担任の先生へ送るのは、よほど仲がよい場合以外は不自然なので、できれば子供の名前から先生へ送るようにしましょう。

年賀状を子供から幼稚園の先生へ送る場合

子供から担任の先生に送る場合は、親のメッセージがあってもなくても良いです。あくまでメインの差出人は子供とし、親しい先生にご挨拶がしたかったら、子供の年賀状に一言添えるくらいにしておきましょう。

スポンサーリンク

また、お子さんが字が書けるようになるまでは、
年少・・・ シール、スタンプ
年中・・・ お絵かき
年長・・・ お絵かき + 文章
にするなど工夫しましょう。折り紙などかさばる場合は写真に撮って印刷する方法もあります。お絵かきをスキャンする場合は、極力いろんな色のマジックなどで濃くカラフルにすると、見た目も華やかになるのでお勧めです。PCに強い方なら、さらに編集で少しコントラストを強くしたりポップにアレンジするのもいいですね!

年賀状を親から幼稚園へ送る場合

幼稚園へ、また園長先生へ年賀状を送る場合は、あまりかしこまって書こうとしなくても大丈夫ですので、
「いつも大変お世話になっています」ということと、
「今年も子供を宜しくお願い致します」や「本年も○○様にとって良い年になりますように」
などの相手を気遣う言葉を、ご自分の使い慣れた言葉で書けば十分です。

年賀状を幼稚園に出す時の、宛名の書き方

宛名は
□□幼稚園
   ○○先生
   ○○先生
  (※連名にする場合は目上の方から順に 例:園長先生→担任の先生 など)

としましょう。お子さんは、自分の名前だけでも手書きで頑張って書くのもいいですね。
「先生」を「様」に置き換えた場合でももちろん大丈夫ですが、「先生」にした方が、生徒から届いたのだなとすぐにわかるので、良いと思います。
幼稚園に宛てて送る場合は、親とお子さんの連名にしましょう。

幼児で住所まで書ける子はなかなかいないとは思いますが、宛先・宛名は、子供の字で読めず郵便局が苦労する場合もあるので、親が書くか、フォローしてあげるのが確実です。

年賀状を幼稚園の先生に出す場合まとめ

私の母が、ずっと小学校の教員をしていて、毎年ものすごい数の年賀状が母宛に届いていました。現代は自宅に届けることは少ないかもしれませんが、先生のご自宅へ送る場合はプライバシーを気遣って「先生」と書かない方がよいのではという声もありますが、当の教員はほとんど気にしていませんよ(^^) 生徒から年賀状が届くのは、とてもうれしいものです。卒業した子からもずっと届いて、母の親しまれていた様子が伺えて本人も喜んでいました。

年賀状はご縁を結ぶ手段の一つです。出せるのであれば、ぜひぜひ出しましょう。

関連記事:「子供と一緒に年賀状を手作りしよう!子供と作れるアイディアやイラスト方法」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする