恵方巻きの方角はどっち2018!恵方は誰が決めるのか・方角一覧

2018年もお正月行事が落ち着くと、すぐに節分がやってきます。
冬と、春を分ける季節の節(ふし)、節分。
この節分と深いかかわりのある「恵方」は、そうあの恵方巻きを食べる時に向く方角ですね。今年はどっち?どうしてそっちを向くの?誰が決めるの?
この恵方についてのウンチクを書きました。

  

今年の恵方巻き、方角は?2018

それは、ずばり。南南東です。

また〜。毎年、なんだか難しい名前の方角を耳にしますね。
南とか、南東、でもなく、南南東!だとすると、それは、
限りなく南に近い東・・・
ちょっとだけ東によった南・・・
まず南を向いて、15度だけ右に向いた方角・・・
うーん分かりにくい!南じゃダメなの!?とやきもきしてしまうわけです。
でも、もう少し頭の中を整理する簡単な覚え方があります。実はこの恵方、4種類しかないのです。
その4種類について詳しくは、【恵方巻きの方角、誰が決めるの?】で後述しますが、そもそもこの恵方は、恵方巻きのためにあるわけではありません(あたりまえ?)。その1年を通して、縁起の良い方角であり、本来は初詣や新しいことを始める時などに、何かとその方角を向いて行うと良い、「万事に吉!」とされていた方角なのです。

なぜその方角が縁起が良いのでしょうか?

恵方巻きの方角、誰が決めるの?

恵方とは、誰が決めるでもなく、実は毎年決まっています。金運や幸せなどの福徳を司る神様「歳徳神(としとくじん)」がいらっしゃる方角になります。簡単に言うと、幸せの神様のいる方向。この歳徳神さんは、毎年動かれます。どうやって動くかと言うと、

日本には中国から伝わった暦、十干(じっかん)が関係します。
十干は
甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)
から成り、

甲・乙の年 → 甲(東北東)
己・庚の年 → 庚(西南西)
丙・辛・戊・癸の年 → 丙(南南東)
丁・壬の年 → 壬(北北西)

この甲(東北東)、庚(西南西)、丙(南南東)、壬(北北西)
以上4つの方向が恵方となります。
言葉だと分かりにくいかもしれませんので、下の表を見てみましょう!

恵方の方角一覧


〈画像引用ウィキペディア〉

上記のように恵方は4つしかなく、その年の十干によって、4つのうちのどれかに決まる。
その方角へその年の歳徳神さんが毎年すす〜っと動かれて、日本では昔から、その年の縁起の良い方角とされた、と言うわけです。

さらに、誰もが九星を聞いたことがあると思いますが、その年にあなたの本命生の方角と揃うとその年はあなたにとって大吉になります!
一白水星・・・南東
•二黒土星・・・
•三碧木星・・・北西
•四緑木星・・・西
•五黄土星・・・北東
•六白金星・・・南
•七赤金星・・・北
•八白土星・・・南西
•九紫火星・・・東

分かりやすいように詳細を簡略化してまとめていますので、詳しく知りたい方は、ぜひ調べてみましょう。いろんな神様がいて、とっても奥深いです。

恵方の方角まとめ

今回は恵方の方角に特化してみました。この恵方は、中国からやってきた暦が元になっていたのですね。恵方巻きはもともと「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれ、関西や九州で節分を祝う際に生まれたものとされています。7福神にちなんで7種の具材を入れます。福を巻き込んで願い事をしながら黙って食べる。
こうした風習も時代に合わせて文化も変化をしていきますが、みんなが楽しく笑って過ごせる日になるのなら、それもいいンじゃないかしら?と思うわけです。
中国文化から西洋文化までいろいろ入り混じった日本。それが日本。そうしてまた生まれる新しい思考や文化もあります。
これまで継承してきたものへの敬意を払いつつ、素敵な文化を伝えていきましょう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。