雛人形の選び方。購入前に知っておきたい雛人形のサイズ、飾り方や場所

これから初節句に向けて雛人形の購入を考えていらっしゃいますか?
人形店へ出かける前に、人形を選ぶ際に必要ないくつか最低限のポイントを押さえておきましょう!
事前に飾り方をイメージしておけば、店員さんも提案がしやすくなります。
買ってから置けない!なんてことにならないように、気をつけてくださいね。


スポンサーリンク
  

雛人形の選び方。購入前に知っておきたいこと

お孫さん、娘さんのご誕生、おめでとうございます。
彼女の毎日の成長に、目が離せないことと思います!
さて、雛人形を買われる時、どうやって選んだら良いのか、迷ってしまいますよね。
でも大丈夫、お家の置く場所のサイズを測っておけば、あとはお店へ行くだけです。

雛人形の種類

雛人形には、様々な種類があります。
例えば、京都周辺の京人形と他の地域の一般的なお雛様は異なります。決定的な二つの違いは、お内裏様とお雛様の配置が逆であること。京人形は面長で鼻筋の通った昔の美人顔が特徴です。また、木目込人形とよばれる布製の衣をまとった通常の人形タイプに限らず、木製でデフォルメされたデザインタイプになると、雰囲気も大きく変わります。

そしてスケールについては、7、8段飾りのフルタイプもあれば、三人官女のついた3段のもの、お内裏様とお雛様だけの親王飾りなど、スケールも異なります。3段でも階段状ではなく、おしゃれにアレンジされた変形型も何種かあります。
例えば、まだ主役が赤ちゃんだったら、手の届かない安全な場所へ飾る必要があります。そんな時は必然的にタンスや収納の上に置くことになるので、取り扱いやすくて小さな親王飾りがいいですね。「でもせっかくだから華やかで段付きのものを!」と思ったら、赤ちゃんが3歳になった頃に、段や他のお人形は買い足せばよいのです。

雛人形のサイズはどのくらい?

それでは、早速、家の中のどこに置くのか検討するために、
種類別に雛人形の基本的なサイズのイメージを掴んでみましょう。
間口30㎝〜、66㎝〜、76㎝〜、96㎝〜、100㎝〜まで様々にそろいます。

【7段飾りの場合】

7段でしっかり飾る場合の参考サイズ
間口120×奥行き160×高さ173㎝
少し小柄なものもあります。
間口105×奥行き141×高さ155㎝

このタイプは奥行きにもしっかりスペースが必要になるので、和室やリビングなどの置き場所確保が要注意です。

【3段飾りの場合】

よくあるサイズは
間口75×奥行き67×高さ76㎝

3段飾りは丸い飾り棚のようなタイプや、本棚のように縦に段組みできるタイプなど本当に形もサイズも種類が豊富なので、お店でも要チェックです。

【親王飾りの場合】

通常一番小さいもので、
間口53㎝×奥行き29㎝×高さ35㎝

木目込人形だとさらに小さい、
間口30㎝〜もあります。

近頃はマンションやアパートなど狭小住宅向けにスペースを取らない雛人形がたくさん出ています。これなら出し入れもしやすいし、シーズンでない時も収納に場所をとりません。

雛人形の飾り方。置く場所や方角は決まってる?

雛人形は、東か南へ向けて飾ります。ですが意外と方角や場所など、ひいては人形の飾り方などにも、お内裏さまとお雛様の位置を除いては、特に厳しい決まりはありません。できるだけ毎日見れるような場所が好ましいですね。お好きな場所へ飾ってあげてください。

ただし、設置する場所について避けた方が良い条件があります。
以下の条件は気をつけましょう

1.日当たりが良い場所は避ける
雛人形も家具と同じで、飾っている約1ヶ月間バンバン日が当たってしまうと色落ちや劣化を招きます。できるだけ直射日光の入らない場所がお勧めです。

2.湿気が多い場所は避ける
高い湿気も、人形に影響を与えます。最悪カビが生えてしまうので、片付ける際も湿気には十分気をつけましょう。

3.空調の風がバンバンに当たる場所は避ける
反対に、乾燥のしすぎも良くありません。直風が当たる場合は、エアコンの風向きなどを変えて調整しましょう。

このような条件の場所がどのくらい空いているのか?メジャーを使って一度測ってみましょう。メモに書き落として、店員さんと相談するとスムーズです。

雛人形の選び方、飾り方

ざっと雛人形を選ぶ際の参考資料が揃ったでしょうか。
高い買い物になりますので、店員さんとしっかりお話されると、お勧めを提案してくれたり、アフターケアや収納の際のアドバイスをしてもらうことができます。
今では雛人形もネットで購入できる時代ですが、「雛人形を選ぶのに一番大事なのは人形の表情!」という方も多いので、できれば本物を見られることをお勧めします。

素敵な雛人形と出会われますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする