お雛様の収納方法と場所!カビ防止対策と防虫剤の入れ方

雛人形を初めて買われた方。すでに持っている方。
雛人形の正しい収納の仕方をご存知ですか?
天然素材を使うことも多い大変デリケートなお人形なので、保管方法を誤るとカビが発生したり虫食いの被害にあうことがあります。決して難しくはありませんので、そんなトラブルになってしまう前に、しっかりと対策をして仕舞いましょう。

スポンサーリンク
  

お雛様の収納方法と収納場所

お雛様は3月3日を超えたら、天気の良い日を狙って片付けます。雨の日は湿気が多いため収納中にカビやシミの原因になってしまうためです。ただし、乾燥させたいからといって日向で干すのはやめましょう。強い日差しは変色や変形の原因にもなります。日陰で行いましょう。

1.埃を払う。
毛ばたきなどを使って肩やお顔、着物についた埃を払います。

2.小物
子供や自分が触っていたりもするので、油汚れなどお道具は乾いた布で拭きます。人形が手に持つ小物も外してあげます。場所を取る場合は小物は小分けし紙で包むなどして型崩れをしないようにだけ気をつけて、大きな箱へ全てまとめて入れます。

3.お顔を守る。
ティッシュや和紙など柔らかい布で顔を包みます。
紙の短冊で適度なサイズの“輪っか“を作って上からパコッとはめても良いし、ティッシュをかぶせて後ろから簡単に絞るようにしてもOK。

4.紙で全体を包む。
最後に胴体や全体を守るよう、和紙や買った時に包まれている柔らかい紙でふんわりと包み、箱へ入れます。この時虫除け材を着物や肌に触らないようにしていくつか一緒に入れてあげます。

5.乾燥した場所へ片付ける
直射日光と湿気を避けて収納しましょう。
押入れの上段がおすすめです。
スペースがない場合は、段物などの木でないものは屋外の収納などへ保管しても大丈夫です。人形本体はできるだけ環境の良い場所へ収納します。

スポンサーリンク

お雛様のカビ防止対策

ひな人形保管時の大敵の一つ、湿気が残ると、カビが生えてしまうことは想像がつくと思いますが、ひどい場合は人形本体にまでカビが入り込んでしまいます。そうなると、いくら拭き取っても再発してきてしまい、匂いも随分カビ臭くなります。
雨の日に片付けをしないこと。1.の時埃をしっかり払っておくこと。(埃が湿気を持っている場合もあります) 5.風通しの良い場所に片付けること
この3つに気をつけましょう。
収納場所などの関係で湿気が心配な場合は防湿剤を使うか、包む紙や梱包に新聞紙を多めに使うと湿気を吸ってくれます。除湿剤は年に数回、水分を十分に吸ったら取り替えてあげましょう。

逆に真夏にカラカラになってしまいそうな場合は、市販の人形用調湿剤を入れてあげます。

万一カビがついてしまったら、購入した先か、人形修理店などに相談します。ひどい場合は衣装の張り替えも必要になってきます。木目込みなどはお顔は全て筆で塗っているので、拭き取ったりすると塗装が取れてしまう場合がありますので、あまりご自分では触らない方が良いと思います。軽いカビの場合は塗りを避けて消しゴムの角などでこすって薄くなる場合も。

お雛様の防虫剤の入れ方

¬防虫剤は必ず毎年新しいものを入れます。種類は人形用でも市販の衣類用、お得用でも構いません。この時、防虫剤の種類を混ぜないこと。混ぜて使うと逆に虫がつきやすくなることもあるので注意です。
また防虫剤を入れる数は、人形1体に1個入れます。肌に触れないようにします。箱一つに対し、片手でひとつかみ分を、できるだけ上部に入れます。(樟脳の空気は上から下へ降りていきます。)
虫が狙うのは、雛人形の着物や髪の毛に使われている絹や綿、ウールなどの天然繊維、木です。布のたくさん入る箱は、特に防虫剤を多めに入れると良いです。防虫剤の匂いは飾っていれば1、2晩で消えますので心配ありません。

雛人形保管方法まとめ

雛人形の基本の保存方法はいかがでしたでしょうか。すでに雛人形をお持ちの方も、湿気対策・防虫対策は大丈夫か、今一度見直してみると良いかもしれません。雛人形は一生物でもありますから、大切に保管してあげたいものですね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする