バーベキューの食材の一人分は?予算と大人数の時の知っ得買い方は?

バーベキューのシーズンがやってきました!買い出し係のあなた、まさに一体何をどれだけ買っていけば良いのか、ワタワタしているに違いありません。サークルや会社などで人数が多くなると余計に分からなくなるもの。でも大丈夫、一人前の食材の量や予算が分かれば、買い出しも簡単なはず。すぐに大人数にも対応できます。また、大人数の時に知っておくと良い節約のアイディアを経験者たちの話からレポート。

スポンサーリンク
  

バーベキューの食材一人分はどのくらい?

では実際に、バーベキューで一人が消費する量はどのくらいなのでしょうか?

バーベーキューのお肉一人分の量は?

一般的に、お肉の量は一人当たり女性で200g、男性で300g辺りと言われています。例えば、鳥100g、豚100g、牛100gなどで換算すると簡単です。予算を少し抑えたい時は、鶏肉の割合を高くすると良いです。2キロを600〜800円で買うことができます。
このほかお肉の割合は、予算の大体6割くらいになるようにするという目安の方法もあります。

バーベキューの野菜一人分

野菜はどうしても人数が多いほうが安くはなりますが(種類も要るうえ、まるっと一個買わなければならなかったりするため)、人数さえいるなら、あまり価格が高騰した時でなければ一人50〜100円辺りでも十分です。
内容としては、
たまねぎ・キャベツ・かぼちゃ・ピーマン・しいたけ・もやし・人参・にんにくとうもろこし、お好みでじゃがいも・パプリカなど
だいたいこの中から、予算に合わせて買いましょう。
とうもろこしは醤油やバターなどで焼けば、おいしくてさらに満腹感が得られるのでオススメ。

焼きそば一人分

バーベキューのしめといえば、焼きそば!(・・・なんて偏ってるかもしれませんが)
焼きそばは一人分が袋分けしてあるので便利です。ただ、男性は1玉以上食べる人が多いので、男性が多い場合は少し多目に用意しましょう。キャベツはカットするとかなりカサが増えるので、15人分で1玉くらいで大丈夫です。レシピを見て見ても、二人分がキャベツ3枚。笑 その代わり、料理すると随分食べやすくなるキャベツは、ソースが多めにあるのなら余らせず使い切ってしまうのがマル。

バーベキューの食材を買う時は少し余るくらい、お酒を飲む場合は少し足りないくらいが丁度いいと言います。お酒があるとおしゃべりも弾んで意外と食べずに余ることが多いようです。

スポンサーリンク

バーベキュー用食材の予算はいくら?

まず、一人が支払う予算を決めることが必要です。予算が一人1,500円なのか、2,000円なのか、3,000円なのか。
学生では1,000〜1,500円に抑えたいという人が多いようですが。1,500円だとお肉へ費やせる予算が随分と限られてしまうので、鶏肉が多めになることもあります。

余談ですが、そんな時にオススメなのは、お肉を前日からタレか塩につけておくこと。硬いお肉は叩いておくこと。それだけでも随分違います。タレか塩につけておくと、持ちも長くなり、夏には丁度良いと思います。

食べ物だけなら、お肉、魚介、野菜、焼きそばを用意して一般的に食べると大体どこも一人約2,000円が多いです。(飲み物は別途)
これを基準に、お肉のランクをどこまで上げるのか、魚介の種類を増やすのかをプラスアルファで考えるようにしましょう。お酒を飲む人が多く集まるなら、良いお肉や魚介を少なめに買うという「量より質プラン」にする手もあります。また、もちろん、会費6,000円、などというバーベキューもありますので、あくまでご参考に。

バーベキューの食材を大人数用に買う時のコツ

大人数向けのバーベキューの準備は本当に大変ですね。
コストを抑えるために、通常のスーパーよりも、業者さんが買いに来るような業務用スーパーやコストコが断然安いことは当然ご存知ですね。こういったお店も大切ですが、
食べ盛りの20代さんたちは「しっかり皆のお腹を満足させる(膨らませる)ことができる」食材選び、、、ならぬメニュー決めにも、コツがあります。

例えば魚介類では、大アサリなんかも美味しいのですが、30人や50人規模で食べようとなると難しくなってきます。一方ホタテなどは既に下ごしらえがしてあり、ふっくら焼き上げると、なかなかお腹が膨れるのでかかせません。お醤油と手持ちのお酒などを使ってとても美味しくいただけます。

また、アジやサバの干物も安い割に、会話を楽しみながら骨を取って食べているうちに、意外と満腹感が得られる、という話も。

ポテトのホイル焼き、ちょっとおやつやデザート代わりのサツマイモのホイル焼きなど芋系を入れると、お腹が膨れるうえに、みんなも大好きで、喜んでくれます。(あらかじめ下ゆでorレンジでチンしていくと良いです)

バーベキューの食材の一人分は?まとめ

ひとり分の食材の量や予算がわかったら、あとは買い出しも簡単。男女混合の大きなBBQの買い出しでは、異性の協力者がいると、女性、男性それぞれの意見を聞けるので何かと助けになるはずです。予算は少し余裕をもって回収しておき、余ったら返すやり方でも良いと思います。楽しいバーベキューを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。