あしかがフラワーパークの混雑の様子。周辺の渋滞と駐車場の混雑事情

あしかがフラワーパーク混雑渋滞状況

4月末から5月初旬にかけて、樹齢150年の見事な大藤が見られる「あしかがフラワーパーク」。頭上から垂れ下がる幾千もの紫の花が風に揺られ、霞のように降り注ぎます。さて、この期間はどっぷりゴールデンウィーク。知名度が上がると共に、その藤を見に訪れる人々で、かなりの混雑が定番となってきています。シーズンには地元の人も近寄らなくなるほど。そんなあしかがフラワーパークの混雑の様子と駐車場事情をリポート!

  

あしかがフラワーパークの混雑の様子

この2018年4月に、JR両毛線に「あしかがフラワーパーク駅」が新たにオープンしました。新宿からは宇都宮線(湘南新宿ライン)で小山で両毛線に乗換え1回のみの2時間弱と、アクセスもしやすくなったことで、より一層来客数の混雑が予想されます。

この大藤や「イルミネーションアワード」での単独1位に選ばれたことも人気に火をつけ、年間来場者数は近年150万人を突破。年々増えています。
GWでなくとも特に藤の季節は「えげつない混雑」と言われます。藤は夜も見事にライトアップされるので、シーズン中は日夜問わず普段と比にならないほどの混雑です。夜の部(17時半〜)狙いだったら15時頃の到着を目指していくとちょうど良いくらいになります。

★チケットは事前に買っておく
ピーク時は、朝6時からチケット売り場に長蛇の列ができるので、必ずコンビニなどで前売りチケットを購入し、電車の人はICカードに十分な交通費をチャージしておきましょう。
★西ゲートが狙い目
藤の時期はメインゲートのほかに西ゲートが開き、入り口が二つになります。西ゲートはこの時期にのみ開くので、比較的空いていて穴場です。

足利フラワーパーク周辺の渋滞事情

道路は足利に近づくほど渋滞が始まります。開園は朝7時ですが、朝の8時には駐車場もほぼ満車になります。
足利フラワーパーク方面には、佐野プレミアムアウトレット、日本最古の史跡・足利学校、陶器で有名な栗田美術館など、一緒に訪れたい場所がいくつかあるほか、少し頑張れば栃木県・群馬県の名だたる温泉やいちご狩りスポットへも足を伸ばすことができます。そのため多くの人が車で訪れるのですが、通常なら車で約20〜30分のフラワーパークと佐野プレミアムアウトレット方面を結ぶ50号線も、かなり渋滞します。あと1キロというところから1時間かかることもあります。
高速道路は、佐野ICまたは佐野藤岡ICから降りるとアウトレットの渋滞と重なってしまうので、館林ICから下道・県道を抜ける方が、早く現地付近に辿り着きます。が、フラワーパーク近辺ではいずれにせよ、渋滞は覚悟しておく必要がありそうです。

★電車と併用する
何軒か観光地を回るのであれば車は融通がきいて楽ですが、近くの駅に駐車して電車で行くのもスムーズです。駅からフラワーパークまでは徒歩1分ですので、果てしない駐車場の行列に並ぶよりは早く、疲労も避けられると思います。
そうでなければシーズンを選ばないアウトレットや史跡は別日に変更するという方法も一考です。

あしかがフラワーパーク駐車場の混雑

あしかがフラワーパークの駐車場は朝7時頃までは比較的スムーズ入れそうですが、8時頃になるとすでにいっぱいになり、近隣の臨時駐車場へ誘導してくれます。しかし、臨時駐車場はどこも少々歩くうえ土が舞って砂埃がひどいので、足のお悪い方などが一緒にいらっしゃる場合は、少々待ってもフラワーパークすぐ横の駐車場に止めさせてもらいましょう。朝の10時には外の道路まで長く大渋滞、駐車場に入るだけで30分待ち以上になるので気をつけましょう。

足利フラワーパークの混雑まとめ

混雑を避けたい場合に最もおすすめコースとしての声が多かったのは、開園を狙っていく方法です。朝7時開園を目指して入場しましょう。午前中には見終わるので、そのまま車でアウトレットや他のスポットへお出かけすれば、十分フラワーパーク以外も遊ぶ時間を確保できます。安全運転をこころがけ、楽しい旅にしてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。