読書感想文の書き方低学年のコツ!ワークシート活用とお手本

子供がついに小学校に入って、夏休みの宿題に奮闘するようになりました。
「読書感想文ってどうやって書くの」なんて聞かれても、自分だって得意じゃなかったのにいったいどうやって教えたら・・・なんてあたふたしたそこのお母さん。
大丈夫、基礎から知りたい初心者さんもこの順序さえなぞれば、案外簡単です。ここでは、まず最低限の読書感想文の書き方をレポート!
読書感想文低学年書き方コツ

  

読書感想文の書き方低学年用のコツ

読書感想文は、あまり難しく考えなくても大丈夫!
このように考えましょう。
子供達には、本から何かを感じ取り、何かを学び、それがかれらの糧の一つとして加わってくれたら、それはとても嬉しいもの。そう、それはあなただけの願いではなくて、教育者は全員そう思ってくれています。そこが、読書感想文では大切です。

本の選び方

本の選び方にもコツがあります。いうまでもなく、書きやすい本と、難しい本があります。
好きな本が見つからない場合、断然、課題図書がおすすめです。

子供のライフサポートや本の普及に努める団体、進研ゼミなどの教育企業、出版社などなど、様々な場所から読書感想文におすすめの本が紹介されているのをご存知ですか?もちろん、本屋でも図書館でもコーナーが特設されていることも多いです。学年別、種類別に分類がしてあります。

最大のコツは経験を書くこと

その中からさらに選ぶべきは、主人公が子供自身と似た体験をしているお話です。
なぜなら、読書感想文で最も大切なのは、「本の中で誰がどうした」ということよりも、書いている子供本人がどういう体験をしているのか、だからです。

学校によってはテーマが決められている場合もありますので、まず最初に確認をしてあげましょう。

本には、厳密には、このような↓分類もあるのですが、

第1種:小説などの物語
第2種:生物や地理、科学系
第3種:課題図書

(わかりやすい言葉に変換しています)

低学年のうちはまだ、そこまで難しく考えなくても大丈夫。
もちろん、乗り物や虫、花など夢中になる程大好きなことがあるなら、第2種の本なども是非とも書かせてあげましょう。

読書感想文の書き方を助ける低学年向けワークシート

誰もが読書感想文を書けるようにと作られた、ワークシートというものがあります。これは学校で配られる場合もあるし、そうでない場合もありますので、ネットで探しても見つかります。初めての子でも、これがあれば、感想文の主軸となる構成は出来上がります。

このワークシートに答えを埋めていくと、あとはそれになぞって原稿用紙を埋めていくだけで読書感想文が書けます。

その内容はこんな具合です。
①はじめ
ぼく/わたしは
【               】という本をよみました。
この本をよんだきっかけは【                 】です。

②なか
いちばん こころにのこったのは、【               】場面です。
ぼく/わたしは【                 】と感じました。
なぜなら【                 】だからです。
ぼく/わたしだったら、【                 】したでしょう。
③おわり
ぼく/わたしは、このはなしをよんで
【                        】したいとおもいます。
自分が思っていること・これからしていきたいことなど

さて、このワークシート、もし難しければ、もっと簡単にしてもOKです。

本を読み終わったら、
ア、子供自身の実際の経験について(普段頑張っていること、辛いと感じること、嬉しかったこと、感動したこと、おじいちゃんやおばあちゃんと触れて思うことなどなど)
イ、主人公の体験を通して、自分がどうおもったか。自分ならどうするか。
ウ、感じたことをふまえ、今後どうしていきたいか。

この3つを親御さんがこどもと一緒に考え、メモしていきます。
それだけで、十分なシナリオが出来上がります。あとはそれをふくらませていくだけ。

ボリュームとしては、アが半分以上、あとの残りにイとウを書きます。これなら、できそう!…でしょう?
さて、あなたのお子さんは普段どんな体験をして、何を感じているのでしょうか。

読書感想文のお手本

お子さんと一緒にア〜ウをつくり、作文の書きはじめからおわりまでの流れのイメージがだいたいついたら、書き始める前に実際にどんな感想文が評価されているのか、親御さんで1つ2つ読んでみるのも良いと思います。さらにイメージが明確になるはずです。

毎年コンクールに入賞した作品がしょうかいされているのが
「青少年読書全国感想文コンクール」のウェブサイトです。課題図書の本はもちろん、学年も年齢もさまざまな子供達の作品が、公開掲載されています。是非のぞいてみてください。

まとめ

低学年の子供たちは、まだ脳の訓練中。文字を書くのもやっとの子達が奮闘するのは、微笑ましいですね。お母さんやお父さんが手伝ってあげて、一緒に話を組み立てて書いていくのもまた、コミュニケーションです。普段こんなに長い文を書くことなんてないので、子供達にとっては大変でしょうね〜!素敵な作文が書けますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。