クリスマスローズ12月の手入れ方法。葉が枯れたら?古葉の切り方

随分馴染みのあるお花になったクリスマスローズ。多くのクリスマスローズ種の開花はおよそ、2〜3月にかけてと、早春になります。株が花を準備する大切な時期である12月、それまでの古葉が横へ倒れはじめ、枯れてきます。その時、どういった手入れをすれば良いか。初めてクリスマスローズを育てている方へ、葉の手入れについてレポート!

  

クリスマスローズ12月の手入れ方法

クリスマスローズは鉢植えでも地植えでも、
日本の気候に対応し、寒さに強い植物になります。
氷点下になって土が凍っても、生き抜く強い力があります。
花を咲かせる2月〜3月に向けて12月は花の準備をする大切な時期。

鉢植えの場合は雪の当たらない軒下へ移動して寒さにあてると
クリスマスローズは着々と蕾を準備します。
陽のあたる時は鉢を回転させて鉢内の温度が均等にあたるように
すると、根がまんべんなく伸び、株が強くなります。

※12月頃に購入した段階で花が咲いているような、
生産者が温室で調整して育てたものや、
長く暖かい部屋に置いてあったものを急に外に出すと
対応できずに枯れたり凍害にあう事がありますので、
急な環境変更は行わない

地植えの場合は、強い寒風や雪が当たらないように
上から寒冷紗や落ち葉をかけて守ります。

冬の間に、しっかりと冷気に当ててやることが、
後の蕾の充実に繋がってきます。
冷気が十分でないと、2月になった頃の花が十分に伸びず
低い位置で開花します。

【水やり】
土の表面が乾いた頃にたっぷりやりましょう。
水はけが良い場所を好むので、鉢の場合はお皿に水が貯まらないようにしましょう。

【肥料】
クリスマスローズは春と秋にリン成分の多い肥料をあげます。
12月頃は秋と同じ肥料をコンスタントに少量あげる程度で大丈夫です

また、クリスマスローズのこの季節は、
「古葉切り」をしてあげましょう。
昨年に出た葉を全部切ることで、風通し、新芽の成長促進を行います。

クリスマスローズの葉が枯れたら?

クリスマスローズは、この12月から1月半ばまでは発育が止まる時期となります。
この間に、
これまで茂っていた葉が株から周囲に開くようにして倒れるか、
黄色く枯れていきます。
これはもう死んでしまう訳ではなく、
株が新しい芽と花のための準備をしているのです。
こうして残っている古葉は、全て刈り取ってしまうのが一般的です。

葉を刈り取る目的は、
●地面に近く倒れる葉から葉ダニの卵がつくので、繁殖を防ぐ
●新しい芽が立ち上がりやすいようにする促進
●見た目の問題
●古葉が花茎を傷つけるのを防ぐ
●新芽に陽がよく当たるようにする
となります。
これで見た目はツルツルになってしまいますが
下から芽と蕾がどんどん出てくるので心配ありません。

自然界ではもちろん誰にも葉を刈り取られず咲く訳ですから
この刈り取りは不要、という意見もあります。
こうした目的だけですので、刈り取らずに放置して置いても、
芽は出てきます。

クリスマスローズの古葉切り方

上記のように昨年に出てまだ残っている古葉は
まだ緑のものも全て根元からはさみで刈り取りましょう。
もし花茎が出ている場合は、間違えて切らないようにご注意ください。
また、根元の方にできている新しい芽(葉)は傷つけないようにしましょう。

触ってみて、柔らかい葉っぱは秋に出た新芽です。
秋に出たばかりですので、これらはそのまま残して置いて大丈夫です。
触ってみて硬いものは、昨年出た古葉で
もう役目を終えているので、切り取りましょう。

12月頃に買った植木鉢は、
お店で販売する上で見た目上葉が残してある場合がありますが
切ってしまって大丈夫です。

クリスマスローズ12月の手入れまとめ

種類が多く、美しいクリスマスローズ。
月々の手入れはいろいろありますが、この葉の刈り込みは
心機一転気分がすっきりする私も大好きな作業。
翌年の満開を楽しみに、しっかり仕込みをしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。