サンタクロースに手紙を書こうフィンランド版・カナダ版、手紙の書き方

本物のサンタクロースに手紙を書いて、
返事をもらいましょう!
子供達にとって、海外から届くサンタさんからの手紙は
見慣れない英語で、自分だけに当てられた、海を越えて届いたメッセージと、
とても夢に溢れた贈り物です。生涯の思い出になるに違いありません。
大人が書いても返事をもらえるそうですので、私も書こうかしら。。。
ここではフィンランドと、カナダのサンタさんをご紹介。

  

サンタクロースに手紙を書こうフィンランド版

サンタクロース村のサンタ

フィンランドのサンタクロースは遠い遠い北にある、
ラップランドのサンタクロース村という場所に住んでいます。
実際にサンタクロース村を訪れれば、
エルフと呼ばれる妖精たちと楽しく暮らすサンタに会うこともできます。

このサンタクロース村のサンタさんにお手紙を送ってみましょう。

【宛先】
Santa Claus
Santa Claus’ Main Post Office
Tähtikuja 1
96930 Arctic Circle, FINLAND

(封筒宛先の書き方例は後述!)

通常の国際メールと同じ、形状・形式は自由です。
エアメールか、お急ぎの方は料金が高くなりますがEMSでも届けられます。

【送料について】
葉書は世界中どこでも航空便で70円。(フィンランドは所要日数約5日)
船便は50円ですが数ヶ月かかる場合もあるのでオススメしません。
そのほか手紙やグリーティングカードはサイズや重さによって異なりますが
郵便局のホームページのこのページから種類を選び、サイズ、重さを入力すればざっと送料を算出してくれます。
EMS 2,200円(所要日数約3日)

このラップランドのサンタクロースには、
お手紙を送ることはできますが、
そのお手紙に対しての返事をもらうことは出来ません。
その代わり、別途
サンタさんからあなたのだめだけへのお手紙を依頼することができます。
手紙は世界13ヶ国語に対応しており、日本語含めさざまな言語が選べます。

★追記あり。記事の末尾もご確認ください

【お手紙依頼の仕方】
1通8.9€(約1,150円 : 2018/10/11現在)でホームページから依頼できます。
入力フォームに沿って
国、名前、住所、郵便番号、言語の選択、メールアドレスを入力するだけでOKです。
英語ができなくても比較的簡単です。

このラップランドのサンタクロースの元には、サンタ専用のメインポストオフィスというものがあって、これまで1億7000万通ものお手紙が届いたというから驚きです。今でも世界中200の国から、シーズンには1日3万通ものお手紙が、届けられます。

英語ですが、覗いてみるだけでもワクワクしますよ↓
▶︎サンタクロース村ホームページ

▶︎サンタクロース メイン ポストオフィス

▶︎サンタクロース メイン ポストオフィス(お手紙のご依頼)

サンタからの手紙が欲しいだけ場合は
サンタクロース グリーティングセンターのサンタも

こちらもラップランドのサンタです。
ここはお手紙を送ってもらうようお願い出来るところです。
なんとサンタさんの生写真付き。ちょっとしたサプライズも用意しているよ、とのこと。
手紙が欲しいだけの方はこちらもおすすめです。
手紙は17の言語に対応し、日本語もあります。

一通8.5€(約1,105円 : 2018/10/11現在)
お急ぎの方はEMSも対応可。
EMSは一通24.9€(約3,240円 : 2018/10/11現在。3〜5日で到着予定)
ご自身で(お父さんお母さんが)手紙の内容(文面)を自由に決められる種類もあります。
入力フォームに沿って
直ぐ送るか/クリスマス2018に向けて送るかの選択、名前、住所、郵便番号、国、受け取る人のニックネームを入力すればOK。英語ができなくても比較的簡単です。

▶︎サンタクロース グリーティングセンター ホームページ

▶︎サンタクロース グリーティングセンター(お手紙の依頼)

サンタクロースに手紙を書こうカナダ版

カナダポストのサンタクロースに手紙を書くことができます!
カナダポストのサンタは、カナダのNorth Pole(最北端)に暮らしているようですね。
HO!HO!HO!(ホ!ホ!ホ!)が口癖のサンタさん。
この住所がまた可愛いじゃないですか。

【宛先】
Santa Claus
North Pole HOH OHO
CANADA

▶︎カナダポストのホームページ

▶︎サンタさんへの手紙の詳細はこちら
(※ホリデーシーズンになると新しい年の詳細が掲示されます)

【送料について】
葉書は世界中どこでも航空便で70円。(カナダは所要日数約6~7日)
船便は50円ですが数ヶ月かかる場合もあるのでオススメしません。
そのほか手紙やグリーティングカードはサイズや重さによって異なりますが
郵便局のホームページのこのページから種類を選び、サイズ、重さを入力すればざっと送料を算出してくれます。
EMS 2,000円(所要日数約3日)

カナダポストのスタッフが、世界中の子供達から届く手紙を、
必ずNorth Poleに持って行ってサンタに届けてくれると約束しています。
そして、お返事を送ってくれるというのだから、嬉しいですね。
こちらは自分が出すお手紙の切手代以外は、無料です。
既に35年続いているこのサービス。
過去サンタクロースから2600万通ものお返事が世界中に送り届けられています。
それも30以上の言語で!日本語ももちろん大丈夫。

カナダのサンタさんへは、
12月14までに届くように送ってください。

夢広がりますね。

サンタクロースが喜ぶ手紙の書き方

サンタさんへの手紙の書き方です。
ポストカードのお手紙(内容)自体は、自由です!
日本語でも、英語でも!
欲しいプレゼントを書いても良いし、絵を送っても良いかもしれないですね。
良い子にしていましたとアピールしても良いです。
自分でクレヨンやペンを持って描けるようになったのなら、
0歳だろうが5歳だろうが、15歳だろうが想い想いに書きましょう。

大切なのは送り先の宛名と、受取手(こちら)の住所・名前の記入です。
まだ字がうまく書けない子には、お母さんやお父さん、先生達が
手伝ってあげてください。

カナダは返信先が書いてないと、サンタさんも返事を送ることができないので
お忘れなくです。

【海外へお手紙を送るときの宛名の書き方】

●左上に送り主の名前と住所
住所の書き方は
日本では、郵便番号→国→県→区→・・・部屋番号の順に書きますが
英語の場合は順番を逆にします。学校で習いましたね。(え、忘れた?)
部屋番号→建物の名前→番地→町→市→県→郵便番号→国
となります。

●右下に宛先
これも同様です。私が【宛先】と書いた上記のまま書けば、大丈夫です。

●VIA AIR MAILと書く
通常のエアメールの場合は「VIA AIR MAIL」と書きましょう。
お急ぎの方でEMSを使う場合は、郵便局の窓口に
EMSの大きな宛名シールが置いてありますのでそれに記入して貼ればOK。
(葉書やポストカードの場合、そのままでは小さくて
宛名シールが貼れないのでEMSは送れません。
B5〜A4くらいの封筒などに入れましょう。)

サンタさんへ手紙を送ろう!まとめ

フィンランドのサンタさんは、手紙を送ることはもちろんですが、
お返事をもらうために、上記のウェブサイトから依頼が別途必要になります。
カナダのサンタさんの方が、お金がかからないと言えます。(大人の話ですが)
しかしカナダのサンタクロース宛ての手紙は、締め切りがあるので
遅れずにに早めに送りましょう!

追記:
2012年に、サンタクロース村に手紙や商品を発注したが、
お客様が商品を受け取れず、連絡も取れず悲しい思いをしたということがありました。
詐欺等だというわけではなく、注文殺到のシステムエラー等で
カスタマーサービス(電話・メール)共にパンクしたことが伺えます。
その際は、落ち着いた頃に返金処理(年明け)があったようです。
WEB発注はサンタクロース村に限らずはそういったリスクが、
少なからずあることをご了承の上自己責任にてご注文くださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。