お年玉切手シートの買取相場や価値とは。オークションや金券ショップに販売

昔のお年玉切手シートが出てきたらどうしますか?
美しい装飾と時代背景が見られますが、その価値が一体いかほどか、とても気になりますね。切手収集ブームの頃のご家族の遺品や、ご自身で昔コレクションしていたもの、様々なタイプがあると思います。
中にはプレミアが付いているものもありますが、それは主に発行年によります。
思い出として残しておいてもよろしいですし、相場を見て、手放し有効活用するのも手です。
一緒にリサーチしてみましょう。

  

お年玉切手シートの買取相場は

「お年玉切手シート」を買い取ってもらう場合。その相場はいくらなのでしょうか。
その相場は冒頭で述べたように発行の年によります。
またここでは、一般的な通常保管状態での相場、としてください。

「お年玉切手シート」の最初の発行は昭和25年(1950年)年。
それまでは「年賀切手」が発行されていて、
昭和14年〜23年は戦時中〜戦後直後だったために、発行はされていません。

いわゆる「プレミア」といって価値が額面以上の価値になるのは、
昭和35年(1960年)以前に発行されたもの
になります。
さらにプレミアになるには、条件が整っていないといけません。
詳しくは次章で。

それ以外の現代までの切手(昭和35年以降)は、
販売しようとすると額面より下がってしまう
ため、
残念ながらご自分で相応額で使用するのが一番無難といえます。
これらの買取額は、大体50〜75パーセントになります。
ゆうパックなどの荷物を送るときも切手で払うことができるので、どこかのタイミングで使用された方がよいでしょう。

では、気になる昭和35年以前のお年玉切手シートの相場です。
初めて「お年玉切手シート」が交付された
昭和25年(1950年)は、1シート約2,500〜3,000円です。

正直「プレミア」と言っても、あまり期待のできない価格ですね。
ただ、販売しているものを買おうと思うと、お店によっては
4万円なんて値段で売っているお店もあるので驚きです。
それこそ「プレミア」の名前にふさわしい価格ですが、
自らが売ろうと思うとなかなかその値段にはなりません。
そのお店に買い取ってもらおうと思っても、
市場で個人が販売している価格程度にしかならないでしょう。

そして、
ここから年代が若くなる程に、徐々に安くなっていきます。

こうして、35年以降に発行されたものには、原価以下の
価値にしかならないというので、
ちょっと残念な気もしてしまいます。

ただし。
この先の価値の変動はわかりません。
例えば今年、2018年は平成最後の年です。
そして2020年は東京オリンピック。
こうした年の何らか記念として出た切手などは、
将来価値が出る可能性もあります。
(昭和最後の昭和64年のお年玉切手シートは、今の所価値は上がっていませんが。。。)
今価値の高い切手は約60年前のもの。60年後に乞うご期待・・・?

お年玉切手シートの価値

こうしてみると、せっかく長い間大切に保管していたのに、
と思うかもしれません。
戦後1956年頃、世界中で巻き起こった切手収集ブームがありましたが、
残念ながら印刷技術と生産能力が著しく躍進した
今の時代に切手をコレクションする人口は減ってしまいました。
それに伴って需要は減り、価値も下がってきているというのが実態です。
確かに、もちろんその年にしか生産されていない価値はありますが
まだある程度の数が市場に出回っているのです。

しかし、一部は「プレミア」として、買取金額が上がる可能性もあります。

特に価値の高い種類は
昭和25年 「円山応挙の虎」(お年玉切手シートではなく年賀切手)
昭和27年 「翁の面」(お年玉切手シート)
昭和28年 「三番叟人形」(お年玉切手シート)

これらは特に価値が高く、状態が良いとプレミアとなり
相場をさらに上回る価格で買い取ってもらうことができます。

切手の「状態が良い」とは?
切手は紙ですので、どうしても
●染みができる
●日(紫外線)に焼けて変色、退色が起こる
●折れ跡が残る
●湿気で沿ってしまっている
などの経年変化があります。
これらをクリアして未使用で保存状態の良いものが、「プレミア」と呼ばれるものになります。これをもし見つけたら、切手買取の業者がネット上でも何社かあるので相見積もりを取ってもらうのもいいかもしれません。
そのコレクターさんは、おそらくピンセットやフィルムを使って丁寧に保管をされていたのでしょう。

もちろん未使用品で、多少のシミ程度が見られる場合は、「プレミア」にはなれずに何割か価値が下がりますが、元値よりもある程度高く売ることができると思います。

このほか、
お年玉切手シートのみならず
たくさんの切手が何冊にもわたってコレクションされている場合もありますね。
そんな時は、それをまとめて一変に査定するとまた違った査定結果が出てくる場合もあります。
もちろん量や保管状態にもよりますし、原価に対して原価割れする可能性も少なくないですし、どのくらいの価格差が出るかは述べにくいですが
10万や20万円台になることもあります。
(とあるネット業社のホームページの買取実績に書かれています。)

今は出張査定してくれる買取業者もあります。
「切手 買取」で検索すればネットに何社も出ているので、
簡単に見つかるでしょう。

お年玉切手シートをオークションや金券ショップに出した場合

通常の保存状態(少し丸まっていたり、多少のシミが見られる程度)
であれば、ヤフーオークションやメルカリで多くの個人の方が同類の切手を販売しています。出品者が多いところこそ、コレクターが集まるところですので
売りやすさは最もおすすめです。

のぞいて見て、どんなものが、大体どのくらいの値段で出品されているかを参考にしてみるだけでも良いと思います。入札数の多い商品も注目したいところです。

どちらも中古を販売するサイトですので、商品の状態に関しても
あまりシビアではないので比較的出品しやすいといえます。

一方、金券ショップや換金所では
原価以上で買い取ってくれるような査定はあまり期待できません。
実際に幾ら分の切手なのか、が重視されます。
運が良ければ価値相応程度か、通常はそれ以下になることでしょう。
一般的には手数料を含め75%程度になると言われています。
こういったことから、オークションに出すか、
荷物の送付時などで原価相応金額で使ってしまう、
これがおすすめです。

お年玉切手シートの買取相場まとめ

あなたがお持ちのお年玉切手シートは、何年発行のものでしょうか?
保存状態はいかがでしょうか?
価値があまり期待できなかったとしても、自分の記念として取っておくのも良いと思います。もうなかなか手に入るものではないので、時折広げて見て、眺めるだけでも嬉しくなります。ちょっと使うには勿体無い気もしてしまいますね。
全く興味のない方は、お金であることに変わりはありません。はがきや郵便配送の支払いとして使ってしまいましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。