シーズンイベント一覧

赤ちゃんを花火に連れて行けるのはいつから?花火が与える影響と対策

赤ちゃんを迎えて初めての夏。花火大会が各地で開かれるのをみて、幼い我が子をいつから花火観覧に連れて行けるのか、、、はて?そもそも花火の地響きのするような音や、チカチカした光は、耳や目に影響を与えるのだろうか?これまで赤ちゃんを花火大会に連れて行ったことのある先輩の声を元に、レポート!

スマホで花火を綺麗に撮影する簡単なコツと設定。シャッタースピードなど

スマホを使って毎年花火を撮影するけどなかなか綺麗に写せない、なんてのは、よくある悩みです。でもコツを掴んでしまえば以外と簡単!カメラ設定とシャッタースピードや露出をわかりやすくレポート!これでどんな初心者でもスマートフォンで綺麗で簡単に撮影できること間違いなし。

実家の初盆に届くお中元について。お返しの仕方と辞退する際の例文

実家でご両親が他界した後、ご両親のお知り合いで、自らはよく面識のない方からお中元が届いてしまうことがあります。こんな時、あなたはどのように対応しますか?今後もお中元のやり取りをどうしていくか、もう辞めたいか、それぞれの状況に合わせて対応する方法を、レポートいたします。

浴衣30代の選び方。似合う柄や色のチョイス、帯の合わせ方おすすめ。

30代になって、大人で楽しい夏祭りへ浴衣を着て出かける女性は本当に素敵です。しかし、通販で目を皿のようにしてよく考えて買ったのに、いざ届いてみると「えっ!?若すぎたかな!?」と不安思う方の多いこと。30代に相応しい柄や色というのがあるのでしょうか?実際の経験談等を元に、どんな柄や色を選ぶと良いのか、帯の合わせはどうしたら良いのか、その選び方を私の意見をどっぷり入れながらレポート!

浴衣と下駄の美しい歩き方。着崩れない歩き方と階段の上り下り

浴衣を着ての外出や夏祭りをより一層楽しくするために、歩き方や着崩れない正しい所作を知っておきましょう。浴衣の装いは女性にとって特別なひと時。自分磨きの時間にもなります。歩き方だけでなく、立ち姿、着崩れへの配慮や階段の上り下りは大丈夫ですか?これを読めば大丈夫、お出かけ前に一緒におさらいしましょう!

浴衣の着崩れの防止方法。着崩れしない着付け方と、着崩れた時の直し方

慣れない娘さんに浴衣をを着付けてあげる際、どうしても着崩れが心配ですね。特に若い女性は立ち振る舞いも慣れない中活発に歩き回るので、はだけてしまったり裾が落ちてしまったりする可能性があります。ここでは、着崩れの防止方法、極力着崩れを防ぐ着付け方、また着崩れしてしまった後の直し方をレポート!

浴衣を6月に着るのはまだ早い?浴衣の時期と着ていい場所のマナー

早い地域では6月半ばの時期から夏祭りが始まります。こうして始まる夏のイベントを先取りして浴衣を着るのは早いでしょうか?浴衣のマナー面では大丈夫?浴衣を着て良い時間帯や場所があるという声もあるので、実際のところはどうなのか、実体験をもとに、6月の浴衣とTPOについてレポート!

隅田川花火大会の最寄り駅一覧!混雑回避のおすすめ駅と会場へのアクセス

隅田川花火大会会場への最寄り駅と、その周辺の駅を一覧にしました。混雑を避けたいのは皆同じ。選択肢を沢山持っておき、出発前から作戦を練っておくと役に立ちます。当日は交通規制による一方通行、立ち止まれない場所の規制が厳しく、全然花火が見れなかったなんてこともよくあるのです。ここでは会場へのアクセスや歩き方含め、地元民からのお助けチップをレポート!