喪中一覧

喪中の寒中見舞いで出産報告を控える理由。正しい出産報告は?喪中はいつまで?

同年にご親族を亡くされ、また同時に新しい命を迎えた方もいらっしゃると思います。 喪中の期間は喪中はがきと、年明けの寒中見舞いを出すことが多いですが、 そこに出産報告を書き添えて良いのかどうか? その答えはNOです。正しい出産報告の仕方と、喪中が明けるのはいつなのか、 レポートいたします。

友人の親が亡くなったのを後日知った。喪中はがきで知った場合の香典や手紙。

大切な友人の親御さん(義両親)が亡くなった場合。 親御さんとは面識がなかったとしても、友人の掛け替えのない存在を失った時は 自分に何ができるか悩むものです。しかし、喪中はがきで知った時は すでにある程度の時間が経っているので、香典や贈り物はどうしたら良いか。 経験者のアドバイスの声を元に、レポートいたします。

喪中はがきで知った訃報へお手紙を。お悔やみ文例と忌み言葉、便箋の選び

かつてお世話になった人や、地元の友人の親御さんなど 親みを持っていた方の訃報を、悲しくも喪中はがきで知ることがあります。 そんな時はご家族へ気を遣わせないよう、香典類よりもお手紙にした方が良い場合もあります。 時間が経ってしまった訃報へどう書いたら良いのか、お手紙の文例や、お悔やみの言葉、便箋の選びなどをレポートします。